2013年02月18日

死すべき運命と不死の探究

「不死探求の神話」の節では、まず、人間が死すべき運命となったことを説明する神話を見ます。
次に、不死性を探究した神話を見てみましょう。
この不死性の探究こそが神秘主義の目的だと言うことができます。

不死を獲得する物語は、心理的には無意識の創造的な統合や、それと結びついた意識的な自由な価値創造を表現していると解釈することができます。
その意味では不死の探究は成熟のプロセスと区別されるものではなくて、その延長上にあるものです。
ですが、この節では、多くの秘儀宗教や神秘主義者がそうであったように、あくまでもこれを言葉通りに受け取って、実際の不死性の獲得の物語として扱います。
ただ、不死性の獲得というのは、不老不死ではなくて、肉体の死後に神々の至福の世界に仲間入りしてそこに留まることを意味します。
一般的に、人間は死後、居心地のよくない冥界に行ったり、輪廻して再生すると考えられていました。
ですが、偉業をなしとげた英雄的な人間は死後の祝福を得られると考えられたのです。


人間の「死すべき運命」と「不死の獲得」は別のテーマながら関係しています。
これは旧約聖書では、人間が「智恵の樹の実」を食べてしまったことと、人間が「生命の樹の実」を食べることを神が恐れたこととして語られます。
この神話に関しては後の節で解釈しましょう。

多くの神話によれば人間が死すべき運命となったのは、文化の発生、つまり、智恵や言葉、性別、労働(農耕)の発生と同時です。
これは「楽園喪失」、「天の上昇」といったテーマ、あるいは神人や動物などの原初的な「殺害」のテーマと関連して語られます。
この物語は、言語的な秩序によって意識的な自我を獲得して、意識と無意識が分離したこと、全体性が失われたことを表現しています。
これを引き起こした出来事、根本的な原因は「智恵の樹の実」を食べたとか様々に語られますが、ほとんどは、先に書いた様々な事項の発生を象徴的に示すものにすぎません。

部族社会の神話では、人間の不死の探究はほとんどが失敗に終わり、結果的にこれは人間の死すべき運命を語っているに過ぎません。
ですが、国家社会以降の神話では、不死を獲得した英雄の神話を語ることがあります。
そして、人間が死すべき運命となった理由についても、より直接的な答えを出しています。
多くの場合その理由は、たとえ人間が不死を望んでいたとしても、不死なものと取り違えて可死なもの、つまり物質的なものを選んでしまったからです。
最も素朴な形では、神からもらった石を返して代わりにバナナを食べてしまったから、といったものです。
この答えは、不死なるもの、つまり生命の樹の実を食べる可能性を示唆しています。
この発想は、輪廻の原因を無知とするインド思想にもつながります。

posted by morfo at 13:13| Comment(0) | 不死探求の神話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豊穣の神話

この章では、自然の豊穰と循環をテーマにした歴史時代以前の神話を紹介します。
次の章で紹介する秘儀神話は、この豊穰の神話を変形したり再解釈することで生まれました。
この章では、豊穰神話を産業の様式に結びつけた形で解釈します。
また、心理的、構造的な解釈も行います。
秘儀宗教が行ったような神秘主義的な解釈は次の節で紹介しましょう。


神話の中でも自然の豊穰力と関係したテーマの物語はとりわけ重要です。それは、食料の確保という生死に関わる問題と直結しているからです。ですが、神話的な思考は様々な現象の背後に共通して存在する原理を象徴的に捉えますから、自然の豊穰力を扱った神話は、同時に社会や人間の精神的な創造力や霊的な創造力のテーマにもつながっています。

自然の豊穰力をテーマにした神話には、豊穰神、地母神、穀物神などの死と復活、あるいは不毛神との戦いといった物語が多くあります。
これらはたいてい自然の年周期の循環と関係しています。
また、こういった神々の物語以外にも、様々な形で男性原理と女性原理の関係を扱っています。ですが、神話によってその関係は様々です。

自然の豊穰をテーマにした神話は、その社会の産業の様式と密接に関係しています。
狩猟・採集、農耕・栽培、牧畜と、それぞれの産業の様式を反映した固有の神話を考えることができます。
中でも、年周期の自然の循環(死と再生)をテーマにした神話を重視したのは、新石器時代以降の農耕・牧畜文化です。
ですが、その神話に狩猟・採集文化の影響も残っていることがあります。

ですが、こういった歴史時代以前の本来の神話はほとんど忘れ去られていて、神話の中に断片的に変形された形で残っているものと、壁画やレリーフ、神像などとして残されている考古学的な資料から推測するしかありません。
また、特定の産業に由来する神話が、違った産業を持つ民族によって再解釈されたり、異なった産業を持つ部族を統合した国家がそれぞれの神話を組み合わせたりもしているので、単純に解釈することはできません。
ただ、産業の種類とその地方の気候によって、祭儀が行われる時期は異なるので、ある程度、どの産業に結びついた儀礼かは、推測できます。

posted by morfo at 13:12| Comment(0) | 豊穣と循環の神話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秘儀宗教とは

秘儀宗教はそのイニシエーションを受けた人間に、神的な生と、死後の祝福を保証するものでした。
つまり、人間が不死性の獲得を目的としていたのです。
ですが、秘儀は非公開のものなので、その実体は知られていません。
この節では、その知られざる秘儀宗教の本質を推理しましょう。


秘儀宗教(密儀宗教、ギリシャ語で「ミステリオン」、英語で「ミステリーズ」)は、神の死と再生というテーマの神話を演劇的・儀式的に再現するなどして、信者の特別なイニシエーションを行う神秘主義的傾向を持った宗教です。
これらは、オリエントとヨーロッパ世界でおおむね紀元前後の1000年間に盛んだった宗教のスタイルです。


アレキサンダー大王の征服遠征によって、オリエント各地の神殿国家が崩壊し、その司祭達は各地に移動し、国と王のためではなく、一般人を対象にした活動を行うことになったのです。
アレキサンダー後のヘレニズム、ローマ時代は、東西の文化の交流が盛んになり、宗教的にはオリエント起源の様々な秘儀的宗教が互いに影響を受け合いながら各地に広がりました。
中でも代表的な秘儀は、エジプト起源のイシス=オシリス秘儀やセラピス秘儀、ギリシャのエレウシス秘儀やオルペウス秘儀、バルカン半島起源のバッコス(ディオニュソス)秘儀、サモス島のカビリ秘儀、トルコ起源のアッティス=キュベレ秘儀、ペルシャ起源のミトラス秘儀などです。


秘儀宗教の特徴は、国家や共同体を守護し豊穰を祈る宗教と違って、主に(死後の)個人の霊魂の救済を目的としたことです。
各個人が象徴的で神秘的な儀礼によって神的なものとの直接的な交流をして、個人の霊魂に眠る神性を覚醒させて死後の不死性を目指したのです。


秘儀宗教の祭儀には、一般の信者が参加して公に行われるいくつかの祭儀(これには地域共同体としての性質もありました)と、選ばれた者だけが参加できる個人的なイニシエーションである「秘儀」の2種類がありました。
秘儀は「小秘儀」、「大秘儀」、「奥義秘儀」というように、2〜3段階で構成されていました。
公の祭儀は、集団で神話を再現するような行為を行なったりするもので、その実体が知られています。
ですが、秘儀の教義や体験については、部外者には絶対的な秘密厳守が原則になっていましたので、その実体は不明です。
秘儀の内実は、秘儀体験者によって書かれた文学や哲学などの中に部分的に表現されていますので、これをもとに推測するしかありません。


「秘儀」では、個人が順を追って様々な象徴的な行為を行ったり、象徴的な事物を見せられたりすることを通して、直接的な霊的体験をしました。
秘儀の最も基本的な象徴はもちろん「死と再生」ですが、秘儀によっては複雑に体系化されていました。
「聖餐」も重要な意味を持ちました。飲食されるものは死する神そのもの、つまり神的なものの象徴でした。
聖餐に供されたものは古くは牛や羊の肉や血でしたが、肉はパンに、血は蜂蜜やブドウ酒などに置き換えられていきました。幻覚性の飲料水が使われることもありました。


「秘儀」、特に「大秘儀」や「奥義秘儀」には単なる演劇的象徴以上の部分もあったと思います。
つまり、長期的な観想の訓練をもとにした、脱魂的トリップや実際的な霊的な力の操作が行われていたと推測できます。
ですが、確かなことは分かりません。
 

posted by morfo at 13:11| Comment(0) | 秘儀神話と秘儀宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。