2013年02月18日

死すべき運命と不死の探究

「不死探求の神話」の節では、まず、人間が死すべき運命となったことを説明する神話を見ます。
次に、不死性を探究した神話を見てみましょう。
この不死性の探究こそが神秘主義の目的だと言うことができます。

不死を獲得する物語は、心理的には無意識の創造的な統合や、それと結びついた意識的な自由な価値創造を表現していると解釈することができます。
その意味では不死の探究は成熟のプロセスと区別されるものではなくて、その延長上にあるものです。
ですが、この節では、多くの秘儀宗教や神秘主義者がそうであったように、あくまでもこれを言葉通りに受け取って、実際の不死性の獲得の物語として扱います。
ただ、不死性の獲得というのは、不老不死ではなくて、肉体の死後に神々の至福の世界に仲間入りしてそこに留まることを意味します。
一般的に、人間は死後、居心地のよくない冥界に行ったり、輪廻して再生すると考えられていました。
ですが、偉業をなしとげた英雄的な人間は死後の祝福を得られると考えられたのです。


人間の「死すべき運命」と「不死の獲得」は別のテーマながら関係しています。
これは旧約聖書では、人間が「智恵の樹の実」を食べてしまったことと、人間が「生命の樹の実」を食べることを神が恐れたこととして語られます。
この神話に関しては後の節で解釈しましょう。

多くの神話によれば人間が死すべき運命となったのは、文化の発生、つまり、智恵や言葉、性別、労働(農耕)の発生と同時です。
これは「楽園喪失」、「天の上昇」といったテーマ、あるいは神人や動物などの原初的な「殺害」のテーマと関連して語られます。
この物語は、言語的な秩序によって意識的な自我を獲得して、意識と無意識が分離したこと、全体性が失われたことを表現しています。
これを引き起こした出来事、根本的な原因は「智恵の樹の実」を食べたとか様々に語られますが、ほとんどは、先に書いた様々な事項の発生を象徴的に示すものにすぎません。

部族社会の神話では、人間の不死の探究はほとんどが失敗に終わり、結果的にこれは人間の死すべき運命を語っているに過ぎません。
ですが、国家社会以降の神話では、不死を獲得した英雄の神話を語ることがあります。
そして、人間が死すべき運命となった理由についても、より直接的な答えを出しています。
多くの場合その理由は、たとえ人間が不死を望んでいたとしても、不死なものと取り違えて可死なもの、つまり物質的なものを選んでしまったからです。
最も素朴な形では、神からもらった石を返して代わりにバナナを食べてしまったから、といったものです。
この答えは、不死なるもの、つまり生命の樹の実を食べる可能性を示唆しています。
この発想は、輪廻の原因を無知とするインド思想にもつながります。

posted by morfo at 13:13| Comment(0) | 不死探求の神話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

ギルガメッシュ神話:解釈編

ギルガメッシュが1/3人間であることは、天上、地上、冥界の3界のうち冥界に支配権が及ばない死すべき存在であることを示しています。
王となったギルガメッシュは未発達な人格でしたが、無意識的な人格のエンキドゥを得ることで成人に向かいます。
フンババ退治は、成人のプロセスの龍退治と同じです。


また、無意識の攻撃的側面を表わすフンババを退治しに意識と無意識の境界領域にまで出かけた後、無意識の魅惑的側面を表わすイシュタルの誘惑を受けて、これを拒否します。
すると今度は、攻撃的な無意識である天牛がギルガメッシュのところ、つまり意識にまでやってきます。
ですが、これを利己的に得ることなく神々に捧げます。ギルガメッシュはこれで完全な成人を果たします。


ギルガメッシュは成熟の道を歩んでいたようにも見えますが、後の話の展開を考えると、そうではなかったようです。
エンキドゥの死は、ギルガメッシュが無意識的な創造性を殺してしまったことを示しています。
天牛を神々に捧げたのは、無意識の創造性を活かしたのではなくて、社会的な秩序のためにそれを殺してしまったことを示していたのです。


イシュタルと天牛の神話の背景には、地母神と聖婚して牛をもらう、あるいは地母神から牛を奪うというシャーマンの行動があります。
ギリガメッシュはシャーマン的な死と再生の意味を理解できずにそれを拒否するのです。
ですが、結局、ギルガメッシュは世俗的な人間の完成の限界を知って不死の探究に向います。


ウトナピシュティムは月神の助けでライオンを退治しますが、これは太陽神の助けでフンババを倒すこととは別の意味を持っています。
フンババ退治が成人の龍退治に相当するのに対して、ライオン退治は成熟の龍退治の初歩的なものです。
なぜならライオン退治は夜に行われていて、より無意識の領域での作業だからです。


次にとうとう、彼は死の領域に下ります。
太陽が毎夜、死から再生する道は、普通の死者が赴く冥界王ネルガルのいる冥界への道とは異なりますが、死の領域であることは変わりません。
彼は暗黒の道を下り、物質的な感覚の世界と分かれを告げます。そして、地下の太陽神(日常世界から切り離された意識そのもの)、大地の女神(無意識的な魂)、そして、宝石(無意識の創造性の結晶)を発見します。
ですが、これらは不死をもたらしません。

ウトナピシュティムが不死の秘密を語ります。
彼は洪水を生き延びて動物達を救いました。
洪水による死は、無意識の無秩序な力によって意識を失ってしまうことを意味します。
動物達は、本来的な無意識の働きを意味します。
ウトナピシュティムは無意識の力を克服して意識を失うことなく、無意識の働きを救いました。
その後、ウトナピシュティムが捧げる供犠に神々が群がります。


このことは、意識が最終的に無意識を神的なものに変容させたことを意味します。
こうしてウトナピシュティムは不死性を獲得します。
ですから、ウトナピシュティムがギルガメッシュに出した眠らない課題は、ウトナピシュティムの偉業の一要素に対応します。


ギルガメッシュは不死性を獲得することには失敗しましたが、ウトナピシュティムの助けで再生の道を歩みます。
そして、無意識の深みから若返りの草を得ることに成功します。
若返りの草は成熟によって得られる富のような存在でしょう。


ですが、これを蛇に取られてしまいます。
腐敗する死すべき存在の象徴であるパンを食べたのがいけなかったのでしょうか、それとも彼が水浴びした冷たい水が触れてはいけない死の水だったのかもしれません。
ギルガメッシュが若返りの草を失うのは、アリアドネをギリシャに連れて帰れないテセウスや、宝物をもって帰る途中でなくしてしまう童話の主人公に似ています。


ですが、違いもあります。
蛇は若返りの草によって脱皮します。
つまり、ギルガメッシュは無意識から得たものを、無意識に返してそれを再生させています。
これは彼がライオンを殺したこととは反対で、大地のライオンでるある蛇を再生させたのです。
これまで一貫して利己的だったギルガメッシュが、意図したわけではないにしろ、初めて利他的な行動をしたのです。
失敗こそが獲得であったのです。


ギルガメッシュは不死性の獲得に失敗しましたが、この神話は不死性の獲得の秘密を語り、その可能性を示しました。
また、この物語には後の説で紹介する秘儀のプロセスにそっくりなテーマが多くあります。
それは「冥界下り」、獣皮〜裸〜新着服という「衣服の取り替え」、「真夜中の太陽」、「女神との出会い」、「水の渡り」、「再生」などです。
また、秘儀から逆に推測すると、6日7夜の無睡眠の課題は、本来は肉体から抜け出て7惑星に対応する神々の世界にトリップする体験だったのかもしれません。

posted by morfo at 09:39| Comment(0) | 不死探求の神話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギルガメッシュ神話:物語編


古代メソポタミアのシュメール人からアッカド人、バビロニア人などに伝えられたギルガメッシュ神話は、不死の探究をテーマにした世界最古の叙事詩で、古代文学最高の傑出した作品です。
紀元前2000年頃にはその基本的な物語が出来上がっていました。
彼は不死の獲得に失敗しますが、興味深いテーマを示しています。
この神話は大変長くて複雑な物語ですが、おそらく多くの神話を再解釈しながら1つにまとめたものです。まず、その前半の英雄篇を紹介しましょう。

「女神ニンスンと人間の間にウルクの王子ギルガメッシュが誕生した時、神々は祝福して彼を2/3を神、1/3を人間にしました。
城主となったギルガメッシュは乱暴を働くようになったので、天神アヌは女神アルルに好敵手で獣のように毛むくじゃらのエンキドゥを作らせました。
エンキドゥは野原で動物と暮らしていましたが、狩人のワナを引きちぎって獣を逃がしたりするので、ギルガメッシュは宮女で誘惑してエンキドゥを捕まえようとしました。
エンキドゥが宮女の誘いを受けると、獣達は驚いて逃げ、エンキドゥは人間らしくなりました。
宮女の説得でエンキドゥは仲間がほしくなって、ウルクに行くことにしました。
ギルガメッシュはエンキドゥと闘いましたが、互いの力を知って、親友となりました。
ギルガメッシュはこの後、乱暴をやめて、人々から愛されるようになりました。


北の杉の森にいる怪物フンババがきこりに害を与えていたため、ギルガメッシュはエンキドゥとともに、斧と剣を作らせて、フンババ征伐に出かけました。
エンキドゥはフンババの恐ろしさを訴えて、やめることを勧めましたが、ギルガメッシュは人間はどうせ死ぬべき運命だから、名声を得ようと主張して、共に出発しました。
ギルガメッシュは山が崩れ冷雨が降り火が燃える不吉な夢を見ましたが、エンキドウがこれを良い夢と解釈して、杉の樹を切り倒して道を進みました。
フンババとの闘いが始まりました。フンババは家来になると命乞いをしましたが、エンキドゥがこれにまどわされないように助言しました。
ギルガメッシュは太陽神シュマシュの8つの風の助けを借りてフンババの首を斧で斬り殺しました。

gilgamesh.jpg


ウルクに戻ったギルガメッシュに、女神イシュタルが求愛しました。
イシュタルの恋人タンムズが冥界に落ちたことを知っていたギルガメッシュは、これを断わりました。女神は怒って天の牛に襲わせたましたが、エンキドゥが剣で倒して、太陽神シュマシュに捧げました。
女神は呪いを投げつけましたが、ギルガメッシュは天の牛の腿を女神の顔に投げ返しました。
そして角の中の油を守護神ルガンバンダ神に捧げ、角を寝室の天井から吊しました。
皆はギルガメッシュを第1の英雄と誉め、ギルガメッシュは祝典をあげました」


次に後半の不死探究篇です。


「エンキドゥは、天の牛とフンババを殺した罪で死ななければならないことを夢で知ります。
エンキドゥは病気で弱っていき、ウルクに来たこと、フンババを殺したことを後悔しながら亡くなりました。
ギルガメッシュは友の死に対面して悲しみ、地の彼方にいる不死を得たウトナピシュテムを目指して、不死を求める旅に出ます。


ギルガメッシュは山麓でライオン達を見て震えあがりましたが、月神シンの助けを借りて斧でライオンを倒します。
そして、太陽神シュマシュが夜に通る地下道への入口のある山に到着します。
門番のサソリ人間がギルガメッシュに帰るように言いますが、彼を説得して地下の道に入れてもらいます。
ギルガメッシュは眠りもろくにとらず、服も破れて獣衣をまとって、まる1日も暗黒の道を進みました。
すると、太陽神シュマシュがいるところに到達しました。
そこは海の近くで、宝石の園がありました。海辺にはブドウ酒の女神シドゥリがいて、ギルガメッシュに帰るよう言いますが、彼女を説得して、死の水のある海の彼方のウトナピシュティムの住む場所を教えてもらいます。
シドゥリは渡し船の船頭ウルシャナビの導きで海を渡るように助言しますが、ウトナピシュテゥムはウルシュナビを縛って自分だけで海に出ます。
すると、方位磁石が壊れて、戻って来てしまいます。
今度はウルシャナビに案内を頼み、自分の服を帆にして、ウトナピシュティムのところに到着します。


ウトナピシュティムは彼が不死を得た話をしました。
彼は昔、エンリル神が6日7夜に渡る嵐によって大洪水を起こした時に、エア神の指示で船を作ってあらゆる動物を生き延びさせました。
洪水の後、彼が神々に供犠を捧げると、神々はハエのように集まりました。
エンリル神は洪水を起こしたことを反省して、彼に不死を与えました。
ウトナピシュテイムはギルガメッシュに不死獲得のために6日7夜の間、眠らないようにと課題を出しました。
ですが、ギルガメッシュは6日7夜の間、寝てしまいます。
彼はウトナピシュティムの妻が毎日作ったパンがそれぞれ腐ったり乾いたりしていることで、自分が7日間寝ていたことを知ります。


ウトナピシュティムはギルガメッシュを水場に案内して、体を洗って、新しい服を着させて、ウルクに戻る準備をさせました。
そして、原初の海にトゲのある若返りの草が生えていることを教えました。ギルガメッシュは石を足にくくりつけて海に潜って草を取り、石を離して海上に戻りました。
ですが、彼は帰途の途中で、ウトナピシュティムにもらったパンを食べた後、冷たい水の涌き出る泉で水浴した時に、蛇(「大地のライオン」とも表現されます)に草を盗まれてしまいます。
蛇は草を食べて脱皮します。ギルガメッシュは失望してウルクに戻りますが、彼を送ってきたウルシャナビにウルクの町の素晴しさを語ります」

 
posted by morfo at 09:34| Comment(0) | 不死探求の神話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。