2011年05月01日

グノーシス主義とソフィアの堕落

ローマ時代には、アレキサンドリアやエルサレムをはじめとして多くの都市、民族がローマに従属しましたので、反体制的な神秘主義思想が生まれました。
これは、この物質世界、つまりローマが模範として崇拝する星の世界やローマが支配する地上世界は悪神によって創造されたとする「反宇宙論」を特徴とした現世否定的な思想です。
当時の宇宙論の常識として、星の世界は物質の世界ではあっても調和に満ちた神々の世界です。
ところが、この星の世界までも悪の世界だとしてすべての秩序を否定したのです。
この傾向をもった思想は「グノーシス主義」と呼ばれました。


グノーシス主義の成立にはゾロアスター教やズルワン主義の影響を受けながらヘレニズム化したユダヤ教の異端派が主なバックボーンになっていると言われています。
ですが、グノーシス主義はユダヤ教だけでなくて、ヘルメス主義、キリスト教、そしてペルシャ系の宗教など、宗教や民族の枠を越えて生まれました。
グノーシス主義は本来的にハイブリッドなので、様々な地方で様々な派が生れ、変化していきました。


グノーシス主義は、個人の霊魂の中に存在しているこの物質世界に属さない神性を見い出すことで救われると考えました。
「グノーシス」とはこの霊魂の本来的な神性の認識のことです。
人間の中に神性があってこれを認識できるという考えは、秘儀宗教やプラトン主義、ズルワン主義の考えを受け継いだものです。
ですが、プラトン主義は自然の中にある神的なものから出発して霊的な世界を認識することで霊魂が救われると考えたのに対して、グノーシス主義は世界の一切を悪と考えたので、霊魂自身を認識することで救われると考えた点で異なっています。


グノーシス主義はその派によって様々な教義と神話を持っていましたが、全体的な特徴としては、宇宙の創造神話を人格神ではなくて抽象的な対になった男性/女性原理の系譜として表現しました。
そして、堕落するのは原人間アントロポスではなくて、多くの場合は「知恵(ソフィア)」や「思考(エンノイア)」などの女性原理なのです。
ただ、「言葉(ロゴス)」のような男性原理の場合もあります。
そして、この女性原理の堕落によって悪神である創造神(デミウルゴス、ヤルダバアト)が生れ、創造神が魂と宇宙を作り、この中に女性原理に由来する霊・神性が入ります。
これは創造神が閉じ込めたとも、女性原理が魂を救うために密かに植え付けたとも言われます。


最も初期の単純なグノーシス派の神話は、まず、「父」なる存在と「母」なる存在があって、「母」が堕落してこれらを「父」が救う、というものだったと想像されています。
ですがやがて、「父」から救済や啓示の役割が「子(息子)」として分かれて、「母」から堕落する存在が「娘」として分かれていきました。
さらに、どんどん複雑化して、30ほどの神的存在(アイオーン)が考えられるようになりました。


多数のアイオーンの中で堕落すると考えられた存在が、「知恵(ソフィア)」や「思考(エンノイア)」なのは、アントロポスの堕落のように地上の人間の霊魂の由来を説明するだけなのに対して、グノーシス主義の場合は宇宙そのものの創造の原因まで問題にしているからでしょう。
そして、この堕落するものがたいてい男性原理よりも女性原理なのは、女性原理の方が物質性と関係が深いことと、内在的な性質が強いからでしょう。

この女性原理が「知恵」や「思考」といった性質であることには、アナーヒター、マアト、イシス、ホクマーなどのオリエントの女神、ギリシャ哲学の「知恵(ソフィア)」からの影響があるのでしょう。
また、その堕落するという性質には、満ち欠けする月神(ダイアナ、セレーネー)、身を隠す豊穣神(イシス、デルメル)、冥界に下る豊穣神(ペルセポネー、イシュタル)などからの影響があるのでしょう。
特に、アイオーンが30ほどで存在するという点には月神との関連が深いと思われます。


女性原理の堕落の原因は、「自らが創造したものに次々捕まって引きずり降ろされた」、「本来の伴侶を無視して一方的に知り(交わり)得ない父を知ろう(交わろう)とした」などです。


キリスト教側からグノーシス主義の創始者であると言われているのは、サマリア出身でアレキサンドリアで魔術を学んだと言われているシモン・マゴスです。
ですが、この説は伝説のようなものです。
ユダヤの北にあるサマリアは、一般にユダヤ(エルサレム)とは別の神殿や宗教を持っていましたが、シモンはサマリアの自分の信者からは神と信じられていました。
シモン自身は自分を父なる「ロゴス」=「ヌース」であり救済者と考え、「第1の思考(エンノイア)」が堕落した地上での姿とされた娼婦ヘレネーを連れていました。
シモンのグノーシス主義のバックボーンには、サマリアの月神セレーネーや娼婦になったとも言われていたイシス神などが考えられます。


洗礼者ヨハネの弟子であると自らが語っている一派にマンダ教があります。
ですが、これは後世の創作かもしれません。
マンダ教は神的な至高の領域を至高神から順に生まれる4段階の神的存在として考えました。
また、グノーシス主義のアレキサンドリアの一派ベルベーロー派は、これを5段階で考えてそれぞれが男女のカップルであるとしました。


グノーシス主義の中でも最も複雑で体系的な世界観を発展させたのはアレキサンドリアのヴァレンティノス派やプトレマイオス派です。
彼らは新プラトン主義の影響を受けたキリスト教系のグノーシス主義者です。
彼らは、世界を3つの階層で捉えました。
それは「アイオーン界(プロレーマ)」と呼ばれる神の世界と、そこから分離された「中間的な世界(恒星天)」、そして、悪神が作った「物質界(地上と7惑星天)」です。
そして、人間の要素に関しても、神の世界に由来する「プネウマ(霊)」と、中間的な「プシュケー(魂)」、そして「肉体」として3元論で捉えました。
プネウマは恒星天や7惑星天のそれぞれに対応する魂や身体性の衣服を何重にも着せられて、地上に囚われます。
そして、プネウマは人間の死後、7惑星天と恒星天の悪い神々に捕まることを避けて服を返しながら、それらを通り抜けて、神の世界にまで帰るのです。


ところで、グノーシス主義のオフィス派は、創世紀の堕落の物語を独自に解釈します。
彼らによると、悪の創造神ヤーヴェがアダムとエヴァをエデンに閉じ込めていたのを、救世主的存在である蛇=霊が知恵の樹の実を食べさせることで解放したのです。
イエスも蛇=救世主の一つの形であって、イエスは人間に生命の樹の実を食べさせるために現われるのです。
この解釈には、認識を重んじるグノーシス主義のアンチ・ユダヤ的性質がよく現われています。 


グノーシス主義は特別な霊的認識を求めるので、当然、秘教的な性質を持っていて、公に向かって布教するような運動ではありませんでした。
また、グノーシス主義者はその反宇宙論的な世界観の結果として、現世否定的で、物質的な欲望の一切を否定する禁欲的な傾向を持っていました。
ですが同時に逆説的ですが、地上的な道徳の一切を否定してそれからの自由を主張する傾向がありました。
ローマの法律であれユダヤの律法であれ、地上の秩序を定めたものは悪神である創造神(デミウルゴス)や悪の天使・支配者(アルコーン)だからです。
 



posted by morfo at 18:58| Comment(4) | 堕落・救済神話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

ヘルメス主義とアントロポスの堕落

ヘレニズム期のエジプトとギリシャ、ローマの文化交流の結果、エジプトの知恵の神トートとギリシャの知恵の神ヘルメス、そしてローマのメルクリウス(マーキュリー)が同一の神だと考えられるようになりました。
彼は天上、地上、冥界を自由に行き来できるため、「3倍偉大な」という意味で、「トリスメギストス」とも呼ばれました。
紀元前後の頃に、アレキサンドリアなどでヘルメス・トリスメギストスが啓示する形で書かれた文書が多数著わされました。
アレキサンドリアのセラピス神殿の神官達がその中心的な著者ではないかと言われています。
これらの書の内容は宗教的ヴィジョンや形而上学から錬金術、占星術、魔術などと様々ですが、その思想は「ヘルメス主義」と総称されています。


ヘルメス主義には、バビロニアの宇宙論(ズルワン主義=ミスラ教=カルデア神学)やエジプト神学、プラトン主義哲学、ユダヤ教、ゾロアスター教など、様々な思想からの影響を見ることができます。
ヘルメス主義の代表的な書「ポイマンドレース」は、典型的な原人間の堕落の神話を語ります。
ここには次のグノーシス主義と同様、哲学的思考を神話するという側面があります。


まず、「父」であり「両性具有」であり、「光」であり、「生命」であり、「形成原理・原型」であり、「善」であり、「霊的知性(ヌース)」である至高神「ポイマンドレース」がいます。
この父から一方で女性原理の「意志(プーレー)」が生まれます。
これは「闇」であり、「蛇」であり、湿潤で素材的な存在の母体である「自然・本性(フュレー)」を生みます。
一方、父は「一人子(息子)」である「言葉(ロゴス)」を生みます。ロゴスがフュシスに乗ることで、「魂」と「4大元素」が生まれました。
この中で、「火(アイテール)」と「空気」はそれぞれ層をなして上昇し、「水」と「土」は混ざって下降しました。


次に、父はロゴスを通じて「創造神(デミウルゴス)」を生みました。
彼は恒星天の魂であり、火の魂です。このデミウルゴスは惑星魂である「7人の支配者(アルコーン)」と宇宙を作ってそれを司ります。
下降するフュシスからはロゴスが飛び出して本来同質なデミウルゴスに一体化します。
ロゴスを失った水と土は形のない「質料」となります。


次に、父は自分に等しいような「似像」である「原人間(アントロポス)」を生み、これを愛して宇宙の全権を与えます。
アントロポスは自分も創造したいと考えて、創造された世界を見るために宇宙に降りていきます。
すると、7人の支配者がアントロポスにそれぞれの性質を次々に与えました。
(ですから、アントロポスは宇宙の同心円的な階層構造とはちょうど逆に、タマネギ状に服=魂をまとわされたのです。)
アントロポスが惑星天から地上に姿を見せると、地上はアントロポスの美しい姿を見て喜びました。
一方、アントロポスもロゴスなき地上の水に映った自分の「似像」に愛着を感じて、ここに住みたいと感じて、地上に捕まって堕落してしまいます。
アントロポスとフュシスは交わって両性具有の「7人の人間」を生み出しますが、プーレーによって分離されました。


こうして、アントロポスだった神的な霊魂は人間として地上に生まれることになって、自分が本来は至高神と同様の神性を持っていたことを忘れてしまいました。
ですが、このことを知った霊魂は、死後に、7つの惑星天でそれぞれに由来する服を順に脱ぎながら上昇して、裸の霊魂の姿になって父のところにまで帰っていきます。


ヘルメス主義のアントロポスの堕落の物語は、明確に人間の霊魂の本来的な神性を表します。
そして、神的な霊魂の堕落の原因として「偽の像に囚われる」こというテーマが示されています。
このテーマは神性と物質性を取り違えること、特に、本来的な霊魂の姿と単なる自己のイメージとの取り違えを表現しています。 

ヘルメス主義は、秘儀宗教のような集団的で組織立った組織的な秘儀は行われていませんでしたが、書物を重視した、師と弟子の関係を中心としたより小集団による秘儀的な伝授は行われていたと思われます。


 

posted by morfo at 23:40| Comment(0) | 堕落・救済神話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユダヤ教のヘレニズム化と女性原理の堕落

ユダヤ教はバビロン捕囚期前後からヘレニズム期にかけて、バビロニア、シリア、ペルシャ、エジプト、ギリシャなどの様々な宗教の影響を受けました。
その中で女神的存在、神的女性原理をテーマにした神話や、ゾロアスター教、ズルワン主義の影響を受けた神話が生まれました。


実は「創世紀」には2度世界の創造が語られます。
最初は単に「神は人間(単数形)を男と女に作った」と語られ、2度目には「アダムの肋骨からエヴァを作った」と語られます。
これらを秘教的に解釈すれば、最初の男女は両性具有の霊的なアントロポス的存在(ゾロアスター教のガヤ・マルタンに相当する存在)で、次のアダムとエヴァが地上の性別を持つ存在(ゾロアスター教の最初の夫婦に相当する存在)だと考えることができます。


また一説によれば、アダムにはエヴァの前にリリス(リリト)という妻があったとされています。
つまり、最初の両性具有の男女はアダムとリリスという2人が一体の存在でしたが、アダムがリリスに男性上位の体位のみを押しつけたので、リリスが神に頼んで分離してもらいました。
そして、リリスは堕落天使サタンの子を生んで堕落しました。
また、アダムとの間にも子をもうけたとされています。
男性上位の秩序から離れたリリスは、現代のウーマンリブ運動の象徴にもなっています。


これらの神話は、神的な女性原理が堕落したという神話ですが、人間とは直接関係ありません。
人間とは直接関係ない堕落に関する神話は「創世記」には他にもあります。
これは「神の子」と表現されている「グリゴリ」という名の堕落天使の一族が存在して、人間の女性との間に「ネフィリム」という種族の様々な巨人達を生んだという話です。
これはひかえめに洪水伝説の導入部で触れられていますが、神はこの巨人達を洪水によって絶滅させてしまいます。

ユダヤ教はオリエントの諸宗教と差別化して女神を否定しましたが、同時にその影響を受けて、いくつかの神的な女性原理の中にそれらを取り入れました。
これらはユダヤ語では女性名詞であり、人格化されて考えられた「聖霊(ルーアハ・ハコーデシュ)」、「知恵(ホクマー)」、「住居(シェキナー)」などです。
「聖霊」は人間に霊感や生命を与える存在で、男性化されてキリスト教にも受け継がれました。
後者の2つについて紹介しましょう。


「知恵(ホクマー)」に関する神話は「旧約聖書」の「箴言(ソロモン王の知恵)」や外典の「知恵の書」などの「知恵文学」と呼ばれる書で語られます。
「知恵」の観念にはエジプトの思想やオリエントの女神(イシス、マアト、アナーヒター、アシェラ)の影響があり、また逆に、グノーシス主義の「知恵(ソフィア)」やキリスト教の「言葉(ロゴス)」に影響を与えたようです。
この「知恵」は宇宙の創造以前から神のそばにいて、神の光を反映する鏡であり、宇宙創造の原型となったと同時に宇宙に浸透・内在してその秩序を司る存在です。
そして、「知恵」は預言者を導き、人々に語りかけます。
「知恵」は理性的な知恵ではなくて霊的・直観的な知恵なので、「善悪を知る樹」よりも「生命の樹」に相当する存在で、人に生命を、霊を与えます。
「知恵」は堕落しませんが、社会が堕落した時、社会から離れて天に戻ってしまいます。


また、「知恵」や「聖霊」と似た神的女性原理に「シェキナー」があります。
これは「住居」や「輝き」という性質を持っていて、神の回りにあると共に宇宙に遍在します。
しかし、悪の行為や社会の無秩序はこれを遠ざけてしまいます。
一説によれば、「シェキナー」はもともと地上にいましたが、アダム以降の人間が罪を犯すにしたがって天高く昇っていってしまったと言います。
また逆に、ユダヤ神秘主義のカバラの神話によれば、この「シェキナー」はもともとは神と一体の存在でしたが、神から分離されて堕落してしまったので、これを再度、神と合一させなければいけないと考えます。
この場合、「シェキナー」はリリスにも似ていますが、グノーシス主義の「ソフィア」の影響があるかもしれません。


ユダヤ人はバビロニアによる捕囚下からペルシャ人によって解放されて以降、ゾロアスター教やズルワン主義の影響を受けて、善悪2元論と終末論の思想を取り入れました。
そして、これまでは人間の信仰心を試す天使的存在だった「サタン」が神に対立する「悪神」と考えられるようになり、また、霊的な体験の中で見た終末のヴィジョンなどを語る「黙示録」が現われました。
終末にはユダヤ人だけでなくて全人類が救われるとする考えも現われて、後のキリスト教が生まれる土台となりました。
ですが、神的な原人間の堕落の神話や、階層的な世界観といった神秘主義の本質にあたる思想の影響はあまり受け入れませんでした。


このように、ユダヤ教の一部がゾロアスター教やズルワン主義の影響を受けてペルシャ化して秘教化しました。
また、秘儀宗教やギリシャ哲学などの影響を受けてヘレニズム化した人々もいました。
こうして、終末論的な独自の世界観を持って伝統的なユダヤ社会と離れた集団がいくつか生まれました。
その中には、死海写本で知られるようになったクムラン教団や洗礼者ヨハネの教団、そして、次の項でも紹介するようなグノーシス的な傾向を持った、シモンの教団やマンダ教などがあります。
キリスト教が禁欲的でもなく、万人に向かって説かれたのに対して、これらは、禁欲的な隠遁生活を送ったり、その奥義を一部の人間にしか明かさないという秘教的な傾向を持っていました。

また、彼らは「ナジール(ナザレ)人」と呼ばれましたが、これは「秘儀を守る者」といった意味です。
イエスが「ナザレのイエス」と呼ばれていましたが、これはナザレ地方出身という意味ではなく、この意味だったのでしょう。

posted by morfo at 23:39| Comment(0) | 堕落・救済神話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。