2011年05月02日

秘儀宗教としてのイエスとキリスト教

「死して復活する神」というキリスト教のイエス像は、ユダヤ的伝統からだけでは生れ難いもので、そこにはオリエント・ギリシャの秘儀宗教からの影響もありました。
キリスト教は信仰だけではなく、「洗礼」と「聖餐」という秘儀(秘跡)を行うことによって救われると考えました。
また、一部の秘教的なキリスト教では、他にもこの2つ以上に重要な秘儀があったようです。
「塗油」、「洗足」、「聖婚(花嫁の部屋)」、「救済」などです。
これらの秘儀には秘儀宗教の大きな影響があります。


キリスト教の水を振り掛ける儀式である「洗礼」の背景には秘儀宗教の影響を考えることができます。
ゾロアスター教の影響を受けたユダヤ教のクムラン教団は、水槽に浸かる毎日の沐浴を行っていました。
洗礼者ヨハネは川の流水に浸かる一度きりの洗礼を行っていました。
ユダヤ的に考えれば、これらはノアのように洪水を生き延びて浄化されることを意味するのでしょう。
ですが、流水に浸かる一度きりの洗礼というあり方は、秘儀宗教の方法と同じなのです。
また、洗礼者ヨハネを崇拝するグノーシス主義的なマンダ教は、流水に浸かる毎日の沐浴を現在まで行っています。


パンとワインの「聖餐」は、直接的にはゾロアスター教からクムラン教団にいたる流れを受け継いでいるかもしれません。
その本来の意味は、終末時に永遠の生命を得る饗宴の先取り的な儀式です。
ですが、パンとワインをイエスの肉と血と見なすという見方は秘儀宗教の発想です。
その本質は、キリストへの一体化、キリストの受難の追体験であって、教会はミサでパンとワインを神に捧げますが、これによって教会はキリストと一体化して供犠を繰り返しています。
パウロによれば、教会は失われたキリストの「体」、あるいは「花嫁」なのです。


福音書を秘儀宗教の知識を持って読むと、そこに秘儀宗教の影響を読み取ることができます。


細かい違いはありますが、正典福音書ではベタニアのマリアがイエスに「頭に注油」、もしくは「足に塗油」します。
男性の弟子達はこれらの行為の意味を理解できませんが、イエスはこれが「埋葬の準備」としての重要な行為であると述べます。


ユダヤ語の「メシア」とギリシャ語の「キリスト」は「注油(塗油)された者」という意味です。
ユダヤの伝統では「(頭に)注油された者」とは通常、「王(司祭)」を意味し、場合によっては「預言者」や「賢者」をも意味します。
注油する者は一介の女性などではなく、神、あるいは神に近い存在です。
これは「埋葬の準備」とは関係ありません。


一方、足への「塗油」はユダヤにおいても埋葬の習慣です。
ですが、ベタニアのマリアはイエスが生きているうちにその隠された意味を理解しながらこれを行っていたのです。
「塗油」はエジプトでは復活への呪術であって、イシス女神がオシリス神を復活させた神話に由来します。
また、「塗油」はオリエントの女神に仕えその分身となる神殿付属の「聖娼」が、「聖婚の儀礼(性的儀礼)」の時に行う行為です。


つまり、イエスをめぐる「注油」や「塗油」の背景には、女性が司祭的な役割を行う秘儀の観念、エジプトの秘儀宗教や「聖婚」の観念があるのではないでしょうか。


また、正典福音書では、男性の弟子ではなくマグダラのマリアら数人の女性だけがイエスの十字架上の死と埋葬(塗油)に立ち会います。
そして、彼女は復活したイエスを最初に目撃します。
これらはベタニアのマリアの「塗油」と一連の意味を持っています。
ベタニアとマグダラの2人のマリアは同一人物という説もあります。
つまり、マリア達はイシスやネフティスらエジプトの女神がオシリスに対して行った(死と)復活を司る秘儀的な女性司祭の役割をイエスに対して行っていたと推測できるのです。


『マルコ福音書』では「白衣の若者」、『マタイ福音書』では「白衣の天使」、『ルカ福音書』では「輝く衣の2人」、『ヨハネ福音書』では「白衣の2人の天使」が墓場のイエスの側に登場します。
秘儀宗教的な解釈では、最初の「白衣の天使(若者)」は復活した神、霊魂の本来的な神性の象徴で、「若者(子供)」というのは多くのオリエントの秘儀宗教の神の性質と共通します。


エジプトの文脈では復活するのはオシリス神ですが、イシスとネフティスという2人の女神が死者の頭側と足側に立ち、死者は彼女らによってオシリスとして復活します。
『ヨハネ福音書』の2人の天使もイエスの遺体の頭側と足側に立ちます。
「ルカ福音書」と『ヨハネ福音書』に登場する2人(の天使)の本来の意味は、女性司祭の役割を果たした「マグダラのマリア」ら2人の女性に降りた女神イシスとネフティスであったはずです。


秘教的な側面を持つ当時の宗教が一般信者と一部の秘儀伝授を受けたインナー・サークルの弟子達を分けていたように、イエスの弟子達にもインナー・サークルが存在したのかもしれません。
福音書から想像するとそのメンバーは、マグダラのマリアやベタニアのマリア、そしてサロメ、ラザロ(彼はベタニアのマリアの弟で、『ヨハネ福音書』ではイエスによって生き返らされたことになっていますが、実際はイニシエーション的な秘儀を受けたのかもしれません)、トマスらであって、決してペテロやヤコブやマタイなどのキリスト教教会が権威の源泉とした人物や正典福音書の著者達ではありません。


おそらく正典福音書の著者達も、彼女達の行ったことの意味を十分に理解していないか、それを明記したくなかったのでしょう。
なぜなら、ユダヤ教にも正統派キリスト教にも女性蔑視の思想があるからです。
ですが、彼女達の行なったことを否定したり、無視することはできない状況だったのでしょう。


つまり、もしイエスの教団にインナー・サークルがあったとしたら、イエスの十字架上の死と復活の一連のストーリーは、イエスとインナー・サークルの弟子達が仕組んだもので、これはオリエント秘儀宗教の死と復活の儀式を、公開して行うものだったのでしょう。
インナー・サークルはなかったとしても、少なくともイエスに対してこのような秘儀宗教的な解釈を行った人々はいたのです。


イエスが秘儀宗教的な思想を持っていたとしたら、イエスと女性達は「聖婚」の秘儀を行っていたかもしれません。
ヘレニズム期の女神の神殿には「聖娼」と呼ばれる女性司祭がいて、男性信者と性的な儀式を行うことによって女神の神性を男性信者に与えてイニシエーションを施したのです。


この「聖娼」の時、聖娼は男性信者に「塗油」を行っていました。
秘儀宗教の論理では、「聖婚」の儀式は神的な女性原理が霊魂の本来的な神性の復活を司るという意味となります。
つまり、イエスに対してマグダラのマリアらが行った死と復活の秘儀としての「塗油」は、「聖婚」と等価なのです。
正典からはずされた『トマス福音書』ではサロメが、『フィリポ福音書』や『マリア福音書』ではマグダラのマリアが、イエスの性的パートナーであるとほのめかされています。
これは世俗的な意味ではなくて、性的儀礼もしくは、霊的・象徴的な意味でしょう。


イエスの最も正統な後継者・使徒であったかもしれないマグダラのマリアは、女性蔑視を続ける正統キリスト教会から逃れて、南フランス地方へと伝道したという伝説があります。
マグダラのマリアを信仰する一派は実在しましたが、彼らは地下に潜って表面上はキリスト教を装いました。
ですが、この派は黒い聖母マリア像を持つという特徴を持っています。この黒い聖母マリアは、女性司祭としてのマグダラのマリアの神性を受け継いでいるのです。



posted by morfo at 23:55| Comment(0) | 堕落・救済神話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正統派キリスト教のイエス

キリスト教の神話にも、「堕落・救済神話」や秘儀宗教の影響を受けた部分があります。


キリスト教は実在したであろう人物であるイエスに由来しますが、イエスがどのような思想を持っていたか、どのような人生を生きたか、確かなことはほとんど分かっていません。
しかし、バートン・L・マックらによる聖書学の厳密な研究による説が最も有力であると思います。
それによれば、イエスその人の思想は、ギリシャ哲学の一派のキュニコス派の思想に近いものです。
その思想は、一切の社会的な因習などを否定して、必要最小限の生活をするというもので、宗教的な側面はほとんどありませんでした。


しかし、イエスの死後、様々な地域、様々な時代に、様々な人々によって作られたイエス像が結びつけられ、キリスト教が生まれました。
ユダヤ教の神話・叙事詩を曲解し、イエスの神話とイエスの教えを広めたとされる使徒の神話に結びつけることで、キリスト教が生まれたのです。


正統派キリスト教の神話は、4つの福音書、『ヨハネ黙示録』、『パウロの手紙』などをもとに作られた、次のようなものです。
まずは、過去に起こった出来事として神話です。


イエスは「神の一人子」あるいは「言葉(ロゴス)」と呼ばれる神的存在です。
イエスは聖霊と処女によって原罪を持たない存在として地上に受肉して降下します。
イエスは様々な「癒しの奇跡」などを行います。
イエスは「預言者」として神による「審判の告知」を行います。
そして、迫害を受けて、人々の罪(アダム以来の原罪)の「あがない」のために死にます。
イエスは「復活」して父なる神の元に「昇天」します。
イエスはこのあがないによって、モーゼのもたらした律法に代わる新たな愛の契約を、ユダヤ人以外の人間にももたらします。


次は未来の出来事として預言された神話です。


イエスは父なる神をして正しい人々に「救いの霊」、「真理の霊」である聖霊を送ります。
イエスはやがて白馬の乗った騎士の姿のメシアとして再来し、天使と共に悪魔や悪の王国を一時的に撃退して1000年間の神聖な統治(千年王国)を行います。
その後、悪魔達が復活しますが、神の軍勢と天の火によって最終的に撃退されます。
イエスは人々を裁き(最後の審判)、悪人は火の池に投げ込まれます。
天地は消え去って新しい天地が生れて、「新しいエルサレム(神の国)」が花嫁のように着飾って天から降りてきます。
そこには生命の水が流れる川があり、生命の樹が生えています。
すべての正しい人々は浄化された肉体で復活してここで永遠の生を得ます。
イエスは「人の子」としてこの神の国を神と共に統治する存在です。


イエスは「メシア」=「キリスト」とされました。
このギリシャ語の「キリスト」と、ユダヤ語の「メシア」は、直接的には「油を注がれた者」という意味です。
ユダヤの伝統では「王」、「預言者」などを指しますが、特に「征服者からイスラエルを解放して繁栄を与える王」を意味し、特別な意味を込めて「神の子」とも呼ばれます。
イエスを指す「キリスト」は、キリスト教独自のより複雑な意味を持ちます。


イエス=キリストの神話には様々な神話的人物像が合成されています。
旧約聖書で言えば、「列王記(昇天した預言者エリア)」、『イザヤ書(メシア、あがないのため苦難を受ける僕=小羊、癒しを行う者、神の審判を告知する預言者)』、『ヨナ書(あがないのため3日間魚に飲まれて解放された者)』、『ダニエル書(終末に神の国を受け継ぐ「人の子」)」、「知恵文学(知恵、知恵の子)」などを背景にしています。
ですが、複雑に合成されたこのキリストとしてのイエス像は、ユダヤ人にとっても理解し難いものでした。
また、イエスの処女懐胎や、終末論には多くの点でゾロアスター教の神話の影響があります。


イエス・キリストの神話の中の「死して復活する救済の神」という側面は、ユダヤの伝統ではなく、オリエント・ギリシャの秘儀神話の本質と重なります。
秘儀宗教では神の死は霊魂の本来的な神性の地上性への埋没を、神の復活はその地上的な意識の死と神性の復活を象徴します。
そして、その追体験は霊的な人格への変容を促して救済となります。


ですが、キリスト教ではイエスの死は人間の原罪をあがなうもので、イエスの復活は人間の終末の復活の先取り、あるいはその保証という意味を持ちます。
キリスト教は、イエスのあがないの死と復活を近い過去の歴史的な事実を信じて、教会に加わることで救われるとしました。
イエスの原罪のあがないは、宇宙と人間の堕落の回復への一つの区切りを意味するわけで、完全な回復は、終末において浄化した体の復活と同時に達成されます。
ですから、秘儀宗教のように、人間の霊魂が死後に身体を脱ぎ捨てて神の世界に復帰するわけでもなければ、現世において人間が霊魂の神性を取り戻すわけでもありません。


イエスの「あがないの死と復活」は、秘儀宗教のようなイニシエーション的な意味を持つものではありません。
そうではなく、原始的な「供犠」、つまり小羊に代表される動・植物やシャーマン自身を供える「供犠」の論理に近いものです。
神に供犠を供えることは、無意識的なレベルでは意識が利他的に無意識的なもののために働くことを象徴します。
イエスの死も無意識のレベルでは旧約の原罪、つまり意識の発生に対して、それを否定してあがなうことになりえるのです。
ですが、通常の供犠は常に捧げ続ける必要があるのに対して、イエスの供犠は一度で原罪をあがなってしまう宇宙的な出来事だというのです。


秘儀宗教やプラトン主義、ヘルメス主義、グノーシス主義が、個人が霊魂の内部に神性を見い出すという認識による救済の重点を置いています。
これに対して、キリスト教は神話化されたイエス・キリストを歴史的事実と信じて教会に加わることで救われるという信仰の点に救済の重点を置いています。
キリスト教は個人の霊魂や自然などの神性を否定したために、個人が直接的に霊的なものを体験する可能性を閉ざしました。
さらに言えば、キリスト教はゾロアスター教とも違います。
ゾロアスター教では、人は信仰よりも善を行うこと自体に救済の重点が置かれているからです。


キリスト教はローマの国教となってからは、他の宗教、つまり、秘儀宗教やオリエント・ギリシャの神学を徹底的に弾圧して葬り去りました。
これらは、多くは古代からの知識を継承する知識人によって担われていたものです。
ヘルメス主義や新プラトン主義に代表されるこういった古代神学や神秘哲学は、イスラム世界に受け継がれて、ヨーロッパにはルネサンス期に復活します。


また、キリスト教は女性の神性を否定したので、多くの女神信仰は歴史の暗部に隠れました。
聖母マリアは後世に神性を認められるようになりましたが、ソフィアのような至高神に近い霊知的な神性を持ちませんし、地母神のような大地性・豊穰性・暗黒性などの側面もまったく持っていません。
ですが、聖母マリアの像の中には「黒い聖母像」と呼ばれる全身が黒色でできた像がたくさんありあます。
これらは、キュベレやイシス、アルテミスなどの信仰が盛んだった場所にあるので、こういった異教の女神が姿を変えて生きのびたものでしょう。

posted by morfo at 23:44| Comment(0) | 堕落・救済神話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

プトレマイオス派の堕落・救済神話

グノーシス派の神話の中でも、最も完成度が高い、アレキサンドリアのヴァレンティノス派の流れを汲むプトレマイオス派のローマ派の神話を取り上げて紹介しましょう。
非常に抽象的で難解ですが、神秘主義神学的に興味深いものです。


天上のアイオーン界に根源的な男性原理「原父=深淵」と共に女性原理「思考=沈黙」が存在しました。
それらから、まず、「霊的知性(ヌース)/真理」、「言葉(ロゴス)/命」、「原人間(アントロポス)/教会」が、そしてさらに「欲求/知恵(ソフィア)」に至る多くの男女原理のカップルが生まれて、アイオーン界は30の存在によって充足していました。


ですが、「原父」を認識できるのは「ヌース」だけでしたので、「ヌース」は他の存在にも「原父」の偉大さを伝えようとしました。
ですが、「原父」は皆に自ら「原父」を探究させようと考えていたので、「思考」が「ヌース」の伝達を制止しました。
それで、皆は「原父」を思考しようと熱望して、自分達に許された以上に「原父」に近づこうとしました。
特に、最も低い存在の「ソフィア」は伴侶の「欲求」と交わることなしに、「深淵」の中に形を失いかけましたが、アイオーン界の境界が彼女を守って固くしました。
 

ですが、彼女の固くなった「原父」を知ろうとする「意図(アカマート)」と「情念」は切り離されて、形のない存在として、影のような空虚な場所である中間界(神界と物質界の中間)に投げ出されました。
それで、「ヌース」は「キリスト/聖霊」を生み、これらが皆を固めて、「原父」は思考しえないという認識を皆に伝えてアイオーン界の秩序を回復しました。
形と認識を持つことで、充足した秩序が得られるのです。
そして、皆は、アイオーン界の外にも秩序をもたらすために、アイオーン界の秩序の成果として「イエス」とその守護天使達を生み出しました。


「ソフィア」の分身である「意図」と「情念」は「下なるソフィア」とも呼ばれます。
「キリスト」は形がない彼女のために形を作ってあげましたが、彼女にはまだ認識が欠けていたので、アイオーンに復帰できませんでした。
そのために、彼女の「情念」は悲しみ、恐れ、困窮、無知という4つの否定的な感情を発しました。
ですが、彼女は「帰ろうとする性質」も持っていました。それで、「救世主」は「救い主イエス」を送って、彼女に認識を与えて「情念」を切り離しました。


そして、彼女は天使達と交わって、その像に似せて「霊(霊的な胎児、種子)」を生みました。
そして、「帰ろうとする性質」から「デミウルゴス」と「魂」が生まれました。
一方、彼女から切り離された「情念」は「物質」になりました。この時、4つの感情は4大元素になりました。
こうして、「霊」、「魂」、「物質」という3つのものと「デミウルゴス」が生まれたのです。


「デミウルゴス」は7つの惑星天と地上を創造し、また、人間の「体」を作ってそこに「魂」を吹き込みました。
デミウルゴスの母である「下なるソフィア」は恒星天である中間界にいましたが、彼デミウルゴスは母の存在も創造に至るいきさつも知らず、自分がすべてだと思っていました。
そして、「下なるソフィア」はひそかに「デミウルゴス」の中に「霊的な胎児」を入れていたので、彼を通して人間の中にも「霊的な胎児」が蒔かれていました。
「霊」は天使達の似像という形を持っていましたが、認識を持っていなかったので、成長して認識を得るために地上に降りる必要があったからです。


「救い主イエス」は人間の「魂」を救うために、「魂」と「物質の体」をまとって「イエス・キリスト」として現われました。
「イエス・キリスト」の教えによって人間の「魂」は教育されて、「霊的な胎児」を見つけます。
そして、これが成熟して認識を得ると、その母である「下なるソフィア」はアイオーン界に復帰して「キリスト」を新郎として向かえます。そして、「霊」も「魂」を脱ぎ捨ててアイオーン界に復帰して「天使達」にゆだねられます。
さらに、「デミウルゴス」と良き「魂」は中間界に上昇して、悪しき「魂」と物質界は火によって焼き滅びます。以上で終わりです。


この神話の、まず8つの抽象的な男女神が生まれるという部分は、古代エジプトの神学を引き継いでいるかもしれません。
「アイオーン」というのは、「無限時間」という意味で、ペルシャ系の「ズルワン神」の影響ですし、はっきりとした終末を描く点にもゾロアスター教の影響があります。
そして、「ヌース」、「デミウルゴス」にはプラトンの影響を受けています。「イエス」、「聖霊」にはキリスト教の影響もあります。


このグノーシス主義の神話は、霊魂の神的な起源と堕落について明確に語っています。
ですが、ゾロアスター教やヘルメス主義とは違って、堕落するのは女性の知恵の原理「ソフィア」です。
「ソフィア」は両義的な働きをします。悪しき物質界が生まれる原因ですが、悪神「デミウルゴス」の裏をかいて人間の中に神性の種を植えつけるのです。
このように女性原理を重要なものと考えて、しかもそれを「知恵」として捉えるところに、一般のゾロアスター、ユダヤ、キリスト教と違ったグノーシス主義の特徴があります。


ソフィアの堕落の理由は微妙ですが、旧約聖書にみられるような神に近づこうとしたことを堕落の原因とする発想に近いものでしょう。
グノーシス主義は霊魂の救済のためにはインド思想やプラトン主義同様に認識を重んじるのですが、この認識は霊魂の本来的な神性の認識であると同時に、至高の父は認識できないという認識なのです。
 

posted by morfo at 19:03| Comment(0) | 堕落・救済神話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。