2011年04月14日

ペルセポネー神話解釈

ペルセポネー神話には、「ペルセポネーの死と復活」を中心に、「デルメルの嘆き」、「デモポンの不老不死獲得失敗」、「麦栽培の起源」、「秘儀の起源」といったテーマが結びつけられています。
「ペルセポネーの死と復活」は、成女プロセスでの「略奪による母からの分離」や、「穀物神の死と再生」と解釈できます。
また、「デルメルの嘆き」は「隠れる女性豊穰神」として、「デモポンの不老不死獲得失敗」は死すべきものと不死なるものを区別できないことによる「人間の死すべき運命の起源」として解釈できます。


ペルセポネーは冥界王ハデスの妻としては冥界母神でもありますが、まずは「コレー(娘)」と呼ばれる少女神です。
ペルセポネー/デルメル神話の基本は農耕文化の穀物神の死と再生の神話であって、コレー=ペルセポネーは「麦の娘神(種)」、デルメルは「大地(地表)の豊饒母神」、あるいは「麦の母神」です。
より具体的には、ペルセポネーが冥界にさらわれるのは種が地の下に播かれることを、デルメルとの再会は発芽(あるいは穂の実り)と対応すると解釈できます。
つまり、秘教的解釈では、死んだ魂であるペルセポネーは、大地の母神、あるいは麦の母神であるデルメルの再生させる力、生む力によって、純粋な魂として復活するのです。


1/3という数字は、天上・地上(海)・冥界の3界のうちの1つを反映していると解釈できます。
麦の死(種として地下に蓄えられる)の期間が1年の1/3であることを反映しているという解釈も可能です。
また、より秘教的に、死に似た人間の睡眠時間が一日の1/3であること、あるいは、輪廻の循環の中で霊魂が地上に留まるのが1/3と考えられていたことが反映していると解釈することもできるかもしれません。



posted by morfo at 23:25| Comment(0) | 秘儀神話と秘儀宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペルセポネー神話

エレウシス秘儀は、エレウシスでBC15Cから行われているギリシャを代表する秘儀です。
キュベレやディオニュソスのように狂乱的なものではなく、瞑想的な性質を持っていたと言われています。
そして、おそらくキュベレやディオニュソスの秘儀になかった重要な要素がありました。
それは、人間の霊魂が死後に冥界に下ってから神のもとに至るまでの旅を、神話に重ねて体験するということです。
まず、この秘儀のもとになったデルメル(デーメーテール、ケレス)とペルセポネーの神話を紹介しましょう。


「少女の神ペルセポネーがアテナやアルテミスと草原で遊んでいて水仙の花(感覚をマヒさせる作用があります)を摘んだ時、大地の口が開き、ゼウスにそそのかされた冥界王ハデスが神馬にまたがって現れ、ペルセポネーを冥界に奪って妻としました。
その時ペルセポネーはゼウスに助けを求める叫びを上げましたが、太陽神ヘリオス、母のデルメル、ヘカテー(月と関係が深くかつては3界を支配したティタンの女神)のみがこれを聞きました。
大女神デルメルは悲しみ、飲食をせずに、両手に松明を持って、黒衣装で地上を探し歩きました。デルメルはヘカテーとともにヘリオスに真相を聞きました。


デルメルがうちひしがれて老婆のような姿で泉の横に座っていると、エレウシスの王ケレオスの娘達に会い、女神とは知られずにケレオスの館に招かれ、乳母となりました。
賢い侍女のイアンベがデルメルの心を和ませ、笑わせました。
デルメルはブドウ酒を飲まず、ハッカ麦水を作らせました。


デルメルはケレオスの息子デモポンを育てることになりました。
デルメルは、デモポンに普通の飲食物を与えず、アンブロシア(神々の食物)を体に塗り込み、自分の甘い息を吹きかけ、毎夜に火力に曝して、不老不死にすべく育てていました。
ですが、母メタネイラがこれを危害を加えているのだと誤解して非難したので、デルメルは本当の姿を現して、人間のおろかさを怒りました。
そして、神殿と祭壇を作って自分を崇拝すれば、秘儀を教えると言ったので、ケレオス王は神殿を作りました。


ですが、ペルセポネーを奪われたままのデルメルは悲しみ、大地が実りを失ったため、ゼウスがヘルメスをハデスの元に送ってペルセポネーを返すように説得させました。
ところが、ハデスがザクロの実をペルセポネーに食べさせたため、1年の1/3は冥界で暮らさねばならなくなりました。
デルメルはこの結果、大地の不毛を終わらせました。


デルメルはエレウシスの王達のところに行き、秘儀を教えました。
秘儀を見たものは死後も祝福されました。
そして、デルメルはオリンポスに戻りました。


また一説によれば、デルメルは王子トリプトレモスに麦の種を授け、翼の生えた龍の引く車に乗せて、空中から世界中に麦の栽培を広めて回らせました。
 derumeru.jpg
      *写真はデルメル
 

posted by morfo at 23:23| Comment(0) | 秘儀神話と秘儀宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

ディオニュソス秘儀

アテネでは、BC6Cには、ディオニュソス秘儀が行われていたようです。

アテネでは1年に3つのディオニュソスの公開される祭りが行われました。

1月に行われた「レナイア祭」は、エレウシスの祭司が童神イアッコスとしてのディニュソスを呼び出すものでした。
これは、デルポイのアポロン神殿のディオニューソスの聖域で行われた祭と同種のものです。
この祭では大、小2つの秘儀が3年毎に行われたという説があります。

また、2〜3月に3日間で行われた「アンテステリア祭」は、最も古くから行われていたと思われる祭で、その内容は比較的良く知られています。
1日目には、ブドウ酒の奉納と飲酒が、2日目にはブドウ酒の飲み比べと、ディオニュソスの凱旋行進が行われました。
ディオニュソスは海からやってくると信じられていたので、台車に引かれた船が用いられ、ディオニュソスはこの上に乗せられました。
この行列には、仮装した人物や供儀の雄牛も含まれました。行列の時に頭上に乗せて運ばれる篭の中には、心臓(クラディアー)、イチジクの木(クラデー)の他にディオニュソス自身がイチジクの木から作った男根が隠れています。
この行列はこの日だけ開かれる聖域に至ります。
続いて、女王の後継者とディオニュソスとの聖婚の行進が行われました。
聖婚は牛小屋で行われたという説もあります。ディオニュソスの来臨と同時に死者の魂もやってくると考えられていましたので、3日目は死者達のために祈り、粥を食べて、夜になると祭りが終わったと宣言して、死者達を帰しました。
ここにはディオニュソスの冥界神という暗黒面が現れています。

3月に5日間で行われた「大ディオニューシア祭」では、演劇の競技が行われ、葡萄酒を捧げました。

ディオニュソスは、2年周期の神であり、冥界のペルセポネーの宮殿で眠る不在の年と、眠りから覚まされる出現の年を繰り返します。
冥界のディオニュソスにはイチジクの樹で作った仮面、地上のディオニュソスにはブドウの樹で作ったバッコスの仮面がありました。
ですから、ディオニュソスはブドウの生育の循環と一致する側面と、一致しない側面があります。

ディオニュソスの秘儀についてはほとんど分かっていませんが、女性だけが参加したという説があります。
エウリピデスの悲劇『バッコスの神女達』には、子鹿の皮衣を着て蛇を腰紐にし、仔鹿や狼の仔を抱いて乳を与える姿のディオニュソスの女性信者が、深夜に、笛・太鼓・タンバリンの伴奏に合わせて狂ったように踊りながら森を駆け巡って、犠牲の牛を引き裂いてその生肉を喰う姿が描かれています。

ディオニュソスの秘儀での狂乱は、ディオニュソス自身が体験した狂気を試練として自らに果たすものです。
信者は熱狂の中で地上的な意識を引き裂いて、ディオニュソスの神性と一体化します。

しかし、ディオニュソス秘儀が死後の祝福、不死性を保証したかどうかは分かりません。
牛を引き裂くのはディオニュソスが引き裂かれたことの再現であると同時に、その生肉喰いはディオニュソスの神性を得るための聖餐です。

posted by morfo at 08:02| Comment(0) | 秘儀神話と秘儀宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。