2011年04月16日

オルペウス神話

オルフェウス(オルペウス)は、トラキア出身と言われる伝説的人物です。
彼はギリシャのオルフェウス教団、オルフェウス秘儀の開祖的存在です。

オルフェウス派は独自に神話を作りました。
オルフェウス秘儀も、オルフェウス派独自の「大ディオニュソス」の神話を元にしています。

ですが、オルフェウス自身に関する伝説、神話が伝えられています。

彼はアポロンの子とも言われていて、アポロンから譲り受けた竪琴によって人や動物を魅惑します。

オルフェウスは死んだ妻を助けるために冥界に下り、竪琴で冥界の存在を魅惑して妻を連れ帰ろうとしますが、途中で後ろを振り返ってしまったために失敗します。

落胆したオルフェウスは女性を避けて少年と暮らして、冥界から持ち帰った秘儀を教えました。

その後、オルフェウスはディオニュソスの女性信者に引き裂かれて死に、彼の頭部は竪琴に釘で打ちつけられて、オシリスの遺体と同じように川に投げ込まれました。
これはレスボス島に流れついて、オルフェウスの首はディオニュソス神殿に埋葬されて、竪琴の方はアポロン神殿に保管されました。

一説では彼の首はその後も神託を下しました。

オルフェウスは、「小ディオニュソス」と違って妻の救出に失敗します。
これは、イザナギの神話と同様の古い神話であって、オルフェウス派が創作したものではないでしょう。
オルフェウスの神話・伝説には、オルフェウス教団の神性を求める思想の要素がありません。
ですから、これらの神話・伝説がオルフェウス教団自身が信じていたものだったのかは疑問です。



posted by morfo at 00:00| Comment(0) | 秘儀神話と秘儀宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。