2011年07月18日

アッタール「鳥の会議」

ファラド・ウディン・アッタールファラド・ウディン・アッタールは、12世紀、ペルシャのピリチュアルな巡礼者の吟遊詩人です。
「鳥の会議」は、彼がスーフィーの長老たちから学んだ知識を物語にしたものです。
これは、スピリチュアルな真の自己を見つけるための探求の旅の話です。
簡単にあらすじを紹介します。

世界中の鳥たちが集まり、自分たちの王様を探すための大きな会議を開きました。
フーポーという鳥が皆に向かって語りました。
「今まで知られていなかった「シームルグ」という名前の王様がおられます。
その方は神のように素晴らしい方であり、「友」であられます。
その方は、はるか彼方のカーフ山の頂上の宮殿に暮らしておられます。
王様は鳥たちが会いに来るのを待ち焦がれておられます。
長くて危険な旅が必要ですが、私と一緒に、巡礼の旅に挑んで王様に会いに行きましょう。
王様に会うことができると、大きな褒美が与えられます。」

皆は一緒に旅に出かけようと盛り上がりました。
しかし、ナイチンゲールが次のように言いました。
「私は、愛を理解し、それを崇拝することで十分です、
私は強くありません。
それに、今もこの祝福された素晴らしい楽園に住んでいます。」

クジャクが言いました。
「私はかつて天国に住んでいました。
私は今でも天国を憶えていて、それを見つけ続けています」

このように、多くの鳥が言い訳をしました。
フーポーはうわべだけの愛や幸せ、幻想を捨てるように説得しました。
しかし、実際に旅に出たのはわずかな鳥たちだけでした。


鳥達は、最初に、「探求の谷」に向かいました。
ここで、休息もままならないほど、次々と困難が襲い掛かりました。
ここでの試練は、この世界を捨て、所有するすべてを捨てることで、心を浄化することでした。


次に、「愛の谷」に向かいました。
ここで、鳥たちの欲望は火の海に投げ入れられ、燃え尽きました。
ここでの試練は、慈愛のためにすべてをすてることでした。


次に、「理解の谷」に向かいました。
ここでは、鳥たちはそれぞれに異なるコースを進む必要がありました。
ここでの試練は、自分自身の魂に必要な道を直観的に知ることでした。
そしてここで、自我を乗り越え、不死の友(王様)の顔がはっきりと現れました。


次に、「囚われのない谷」に向かいました。
ここでは、厳しい冬の冷たい嵐が吹き荒れています。
ここでの試練は、世俗に対する関心や欲望をなくすことでした。


次に、「統一の名に」に向かいました。
ここでは、不毛な土地で、侵入者たちの首が一所に首輪でつながれていました。
ここでの試練は、放浪する愚者のようになり、神の言葉を聞けるようになることでした。


次に、「困惑の谷」に向かいました。
ここでは、様々な苦痛と不満に蝕まれ、すべてを、自分さえも疑うようになりました。
しかし、その中で愛に満ち溢れていましが、誰を愛しているのか分かりません。
ここでの試練は、スピリチュアルなエゴや勝手な解釈を捨てて、愛を受け入れることでした。


次に、「貧しさと無の谷」に向かいました。
ここでは、足を引きずり、耳は聞こえず、心はなく、何も判断できない状態になりました。
ここでの試練は、自らを失うことで、永遠に安らぎ、世界が存在する秘密を知ることでした。


そしてとうとう、37羽の鳥たちだけが、シームルグの宮殿にたどり着きました。
鳥たちは心身ともにボロボロになっていました。
フーポーは彼らを王様の部屋に案内しました。
しかし、王様の姿は見当たりません。


フーポーは言いました。
「皆さん、「シームルグ」という言葉の意味を知っていますか?」
鳥たちは一斉に気がつきました。
「シームルグ」とは37羽の鳥という意味だったのです。
 

posted by morfo at 00:22| Comment(2) | 番外編(秘儀的物語) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
困惑の谷の試練の成果を知りたいです。ぜひよろしければご教授ください。
Posted by ツァラトゥストラ at 2015年10月20日 01:19
ツァラトゥストラさん、コメントありがとうございます。

すみません。
その部分が掲載されていなかったのは、意識的に伏せていたのではなく、ミスです。

書き足しました。
あまり自身はないのですが…
Posted by morfo at 2015年10月21日 09:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。