2011年04月24日

ユダヤ教創世記とアダムとエヴァの堕落

正統的なユダヤ教は、人間の霊魂の神性を認めるような神秘主義的な傾向を持ちません。
ですから、神的な原人間などの堕落の神話も持ちませんでした。
ですが、時代を経るごとに、オリエントの様々な宗教の影響を受けていきました。
特にヘレニズム期以降にはオリエントの神秘主義的な宗教の影響を受けた神話や解釈が生れまました。


ユダヤ教の特徴は、唯一神ヤーヴェだけを認めて、当然ながら直接的には女神を認めないことです。
古代には多神教が普通でしたし、ユダヤ人がエジプトにいた時にエジプトで初めて唯一神アトンが信仰されていたので、この影響を受けた可能性があります。
エジプトでアトン信仰が否定され、多神教の戻った時、追放されたアトン信者がユダヤ人になったという説もあります(出エジプトの真相)。


ですが、ユダヤ人が唯一神の信仰を維持したのは、ユダヤ人が迫害され続けたという歴史を持っているからでしょう。
一般に、人間は文化的な危機におちいった時に唯一神にすがって、安定した時にはより現世利益的な様々な豊穰神に頼るからです。
そして、オリエントの様々な民族が母神を信仰していたので、ユダヤ人は自分たちのアイデンティティーをはっきりとさせるために女性的な神性をかたくなに拒否したのでしょう。
実際、出エジプト後にパレスチナに至ってからは、地元のカナーン人の農耕的な宗教、嵐神で穀物神のバアルと地母神のアナトを信仰する宗教と壮絶な争いを経験しています。
ヤーヴェには砂漠の牧畜の神という側面があって、旧約にはカインとアベルの話などに農耕の蔑視と牧畜の尊重がはっきりと読み取れます。


「旧約聖書」の「創世紀」によれば、アダム(「人間」、「土から生まれた者」の意味?)とエヴァ(「生命の母」の意味?)が、それを食べると死すべき存在になってしまうために神が食べることを禁止していた「善悪(善し悪し)を知る樹」の実を、知恵者の蛇の誘惑によって食べてしまう「罪(原罪)」を犯してしまいました。
すると、神は2人が「生命の樹」の実まで食べて神のようになることを怖れて、2人を楽園から追放しました。
こうして人間が死すべきものとなると同時に、大地は呪われたものとなりました。
つまり、人間も世界も「堕落」したのです。


この話を素直に受け止めれば、神は人間が死すべき存在になることを望んでいない一方、人間が神のようになることを怖れる嫉妬深き存在です。
人間は堕落したわけですが、もともと神的な存在であったわけではなくて、逆に人が神に近づこうとしたことが罪なのです。


神秘主義的な発想では、神に近づくことは人間の「使命」ですが、一般のユダヤ、キリスト、イスラム教では、部族文化と同じように、人間が自分の身分を越えて神に近づくことを「おごり」と考えます。
そして、生命の樹の実を食べて神のようになることを目指した神秘主義者を弾圧してきました。
「創世紀」には人間の霊魂に神性を認めるような神秘主義的な思想はありません。


ところで、この神話を神話学的に解釈すれば、まず、「理性(知恵)の獲得が死の発生と同時」であるというお馴染みの構造が見て取れます。
理性の獲得は意識と無意識の分離、軋轢を生んで、これが象徴的に楽園喪失と死につながるのです。


創世紀はギリシャ神話とも似ています。
ヤーヴェとゼウスは愛のない神であって、蛇とプロメテウスはその神にそむいて結果として人間に理性と死をもたらす両義的な存在です。
そして、エヴァはパンドラ同様に死の発生と関係していて、女性が物質的なものの象徴となっています。
創世紀では、2人が知恵の樹の実を食べた後、恥かしさのために神から隠れたと語っています。
そして、神は罰として蛇と人間とを敵対関係に定めました。
つまり、人間は理性の獲得によって、神性への理解をなくしてしまうと同時に、蛇が象徴する無意識の知恵をも失ったのです。


ギリシャ神話の黄金のリンゴを守る竜ラドンや、ギルガメッシュ神話で若返りの草を奪う蛇もそうでしたが、多くのオリエント神話では蛇は生命の樹の実、生命の水を人間から守る存在として現われます。
ですから、分離してしまった蛇と友好関係を取り戻すことで、生命の樹の実を食べることができるようになるのだとも考えられます。
もちろん、これは秘教的な解釈です。


ちなみに、「創世記」ではエデンの園の生命の樹を守るのはケルビムという名の天使です。
オリエントの神話では生命の樹と豊穣の女神は等価な存在で、どちらも聖獣に守護されています。
 

posted by morfo at 09:20| Comment(0) | 堕落・救済神話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。