2011年04月17日

イシス=オシリス神話解釈

無数に存在するエジプトの神の中でも最も幅広く信仰されていたのは、農業とともにシリアから来た、死して復活する神オシリス(エジプト名「ウシール」)です。
オシリスは穀物神であり精子としてナイルに水をもたらす豊穰神であり、冥界神です。

そして、イシス(エジプト名は「アセト」で「座席」の意味)は穀物やナイルの水を受け止める大地の母神であり、ナイルの増水と太陽の上昇を告げるシリウスの女神であり、復活の魔術の神です。


また、ホルスは鷹神であり天空神であり、また地平線を昇降する太陽神でもありました。
同時に、豊穰神であって、砂漠と不毛の神セトと対立しています。


オシリスやイシス、ホルス、セトをめぐる神話は、古代エジプトには様々なものがあります。
ここに紹介したのは基本的にはギリシャの作家プルタルコスが『イシスとオシリス』で紹介したものです。
ヘレニズム・ローマ時代に広がったイシス秘儀は、おおむねこの神話をもとにしています。
この物語は様々な神話を結びつけて1つにしているようで、これまで紹介してきた様々なテーマが含まれています。
デルメルの神話と類似した部分がありますが、何らかの影響関係があったものと考えられます。 


オシリスの死と再生には、「穀物神の死と再生」、あるいは穀物に生命をもたらす「ナイル川の水かさの増減」、「にせの像に捕らわれる」、「八つ裂きにされて埋められることで創造を行なう神」、「地上と地下、生と死の分離」といったテーマを読み取れます。


一方、イシスの行動には「人間の不死獲得の失敗」、「隠れた豊穣神」、「怒れる母神」、「男性神を助ける女性豊穰神」、「男性神を裏切る女性豊穰神」といったテーマを読み取れます。


また、ホルスのセトとの戦いには、成人のプロセスの「龍退治」、「母殺し」、「豊穰神と不毛神の戦い」のテーマを読み取れます。


秘儀宗教としてのイシス秘儀では、オシリスは人間の霊魂の本質である神性を象徴します。
オシリスの死は霊魂が地上に捕らわれて生まれることによって、その神的な部分が殺されることを意味します。
オシリスの男根が失われたことは、彼が地上に復活しないことの説明でもありますが、アッティスの去勢と同様の解釈もできます。

ホルスはオシリスとの関係ではその復活する神性で、エレウシス秘儀におけるイアッコスや復活するペルセポネーと同様の存在だと解釈できます。

さらに、地上でのセトとの闘いで失う右目は、心理的には意識や思考の力と考えられますが、秘儀的な解釈ではやはりこれも地上性の中に埋没した神性を現わしていて、ヒッタイトの嵐神の龍神退治の神話と同じテーマです。


イシスはデルメルと同様の存在ですが、悲しみによって不毛をもたらすことなく、見ずからオシリスの復活に尽くす点で、より優和な存在として親しまれました。
アプレイウスによれば、イシスの姿は次のように描写されます。
イシスは豊かな長い巻き毛を持ち、額の上に輝く月をつけて、毒蛇と小麦の穂をつけた様々な花の冠をかぶり、様々な色に変化する衣服を着て、満月と星々をつけた黒いローブをかけています。
そして、右手にはシストラムという音を出す玩具を持って、左手からは舟形の長方形の容器をぶらさげ、シュロの樹の葉で織った靴を履いています。
この他にも様々な姿のイシスが考えられましたが、その姿はヘレニズムの女神としての様々な象徴性を示しています。


isis.jpg

posted by morfo at 01:07| Comment(0) | 秘儀神話と秘儀宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。