2011年04月17日

オルペウス秘儀

紀元前6C頃のギリシャの世界観、つまりホメロスに代表されるオリンポスの宗教によれば、人間と神は区別され、死後は冥界でみじめに暮らす、というものでした。
こういった考え方に対して、オリエントの神秘主義的な世界観を引き継いだ、神的なものを積極的に求める宗教・思想運動が起こりました。
秘儀宗教やプラトンに代表される多くのギリシャ哲学はこの流れにあります。
トラキア出身と言われる伝説的人物オルフェウス(オルペウス)も、この潮流の象徴的存在です。
彼は、ルネサンス、ロマン主義など、霊的なものが重視される時代には、常にその象徴として復活しました。

オルフェウスの存在は神話化されていて、その歴史的な実在性に関してははっきりしません。
オルフェウスの信仰は、1つの教団というよりも思想運動としての広がりを持ったもので、彼らによってギリシャの宗教思想は大きく変化しました。
オルフェウス関連文書の多くは、ピタゴラス教団の者が書いていたようです。
オルフェウス派の思想は、エンペドクレス、ピタゴラス、プラトンらの哲学者に受け継がれました。

オルフェウス派にとって、最も重要な神はディオニュソスです。
オルフェウス派は、独自の「大ディオニュソス」の神話を持っていて、これがオルフェウス派の思想、秘儀の根本にあります。

一般的な解釈をすれば、大ディオニュソスの神話の、「八つ裂きにされ大鍋で煮られる」はシャーマンのイニシエーションそのものですし、遊び道具や「顔を白く塗る」といったテーマは成人式のイニシエーションを思わせます。
また、「死体から植物を生む神」は栽培文化の神話のテーマです。

ですが、オルフェウス秘儀にとって重要なのは、この神話は、人間はディオニュソスに由来する神的な部分と、ティタン神族の神の殺害という原罪に由来する部分がある点です。

オルペウス派は、ディオニュソスに由来する神的な部分を知らない人間は、ペルセポネーの恨みを受けて、惨めに輪廻を繰り返すと考えました。
ですが、それを記憶する人間は、オルフェウス派の禁欲的生活と秘儀を体験することで、死後にペルセポネーの元で神的な不死の生を送ることができるのです。

オルフェウス派は、ティタンが行ったような殺生を否定します。
それゆえ、肉食や自殺も否定します。
このことは、生贄を行うオリンポスの宗教を否定することになり、また、秘儀で八つ裂きや生肉喰いを行うディオニュオス秘儀を否定することにもなります。
オルフェウス派は、明確に、反オリンポス宗教、反ディオニュソス秘儀の立場にあります。

オルフェウス派の秘儀については、はっきりとしたことは分かりません。
ですが、秘儀では、死後の冥界下りを予習的に体験し、進むべき道を教えられます。

冥界の道は、間違わず、そして落とし穴に落ちたりせずに進まなければいけません。
「冥界の館」の左右に泉があって、右の泉の水を飲まなければいけません。

右の泉の水は「記憶(ムネモシュネ)」の沼から流れる水で、それを飲むと、自分の魂の本質が神に由来することを記憶した状態で、次に進めます。
ですが、左の泉の水は「忘却(レテ)」の沼から流れる水で、それを飲むと、自分の魂の本質が神に由来すること忘却した状態で、地獄に送られて、千年後にその体験も忘れて地上に転生してしまいます。

次に、冥界の監視者に対しては、「我は大地と星輝く天の子なれど、我が属するのは天の種族である」などと語る必要があります。
これによって、自分の魂の本質が神に由来すること記憶していることを示すためです。

そうして「女主人の懐」と呼ばれるペルセポネーのもとに至ると、彼女による確認を経て、ペルセポネーの杜、神聖な草原に至って、神的な生を永遠に生きることができます。

秘儀を終えると、冥界で取るべき行動を記した金版(オルフェウスの金板)を受け取ります。



posted by morfo at 00:51| Comment(2) | 秘儀神話と秘儀宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オルペウス教というクセジュ文庫の本高すぎ

なぜ再販しないのか?
読む人も多いだろうに、絶版になる理由がわからない。もしかして圧力でもかかっているのか

一冊七千円だってさ

でも絶対買ってやる
そして、電子書籍化にして、アングラサイトに拡散し、多くの人に読ませてあげよう

知識の独占は悪だ
Posted by イルミナティ at 2016年10月06日 20:50
イルミナティさん、コメントありがとうございます。

2003年に出た本ですね。
マイナーな本の再販は難しいですね。
図書館で探されてはどうでしょうか。

私、持っていますが、まだ、読んでいません。
このブログの文章は、それ以前に書いたものです。

すぐには読めませんが、いずれ読んだら、この文章をヴァージョンアップしたいと思います。
Posted by morfo at 2016年10月07日 11:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。