2011年04月14日

エレウシス秘儀解釈

ペルセポネーを失って悲しむデルメルは、「黒いデルメル」、「復讐のデルメル」とも呼ばれます。
アルカディアのペネオスで行われていた奥義秘儀の時に、司祭は忿怒の仮面をつけたと言われています。
デルメルは無理に犯されるように聖婚が行われます。
これは死ぬことであり、地上的な姿が否定されることを象徴します。


また、1/3の期間に冥界にいるペルセポネーも「黒いペルセポネー」であると言えます。


2人の冥界の女神としての黒い女神は「ブリーモー(恐怖を呼び起こす女神)」と呼ばれます。
この冥界の地母神的な存在であるブリーモーが魂を復活させるのです。
秘儀の中では女陰が示される場面もあったと言われていますが、これは地母神の死と再生の象徴です。
狂乱的でなく瞑想的と言われるエレウシス秘儀には、こういった女神の「暗い」側面、狩猟・採集文化以来の伝統があるのです。


聖婚の後、秘儀では「ブリーモーがブリーモス(恐怖を呼び起こす少年神)をお生みになった」と宣言されます。
実際に一人の少年が少年神の役を果たしました。
少女神のペルセポネーはすでに存在するので、少年神の誕生も宣言されたのでしょう。


オルペウス教徒の伝える神話によれば、ケレオスの館でイアンベではなくバウボ(腹の意)がデルメルに恥部を露にすると、衣装の下から笑っている少年神の「イアッコス」が見えたので、デルメルも笑い心が和んだことになっています。
少年神のイアッコスはデルメルとゼウスの息子と考えられています。
また、別の神話によれば、デルメルは人間との間に豊饒の角を持つ少年「プルートル(富)」を生みました。


この神話は、狩猟・採集文化の要素と、畑で行われた豊饒の聖婚儀礼を示しています。
秘儀で生まれた少年神は「クーロス」と呼ばれたり、あるいは角を持つディオニュソスであるとする者もいました。


発見されるペルセポネーは「その名を口にすべからざる少女」と表現され、彼女は2つの顔と4つの目を持っていたと考える者もいます。
良く知られた別の神話によれば、デルメルはポセイドンに牝牛の姿で逃げる途中に犯されて娘を生んでいます。
この娘の名前は「女君主」とのみ呼ばれ、その本当の名前は秘儀伝授者にしか明かされていません。
「その名を口にすべからざる少女」は「女君主」と似た存在です。


奥義秘儀で示されたという「刈り取られた麦の穂」は、農耕文化の宗教的核心にあたる復活する穀霊、つまり、死して再生する霊魂の神性を象徴します。
秘儀参入者は自らをこれと同一視するのでしょう。
この神性は性別を越えたものであって、復活するペルセポネーでありイアッコスであり、時には異形の姿をした豊饒の力を持つのは地下的存在なのです。

posted by morfo at 23:30| Comment(0) | 秘儀神話と秘儀宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。