2011年04月14日

ペルセポネー神話解釈

ペルセポネー神話には、「ペルセポネーの死と復活」を中心に、「デルメルの嘆き」、「デモポンの不老不死獲得失敗」、「麦栽培の起源」、「秘儀の起源」といったテーマが結びつけられています。
「ペルセポネーの死と復活」は、成女プロセスでの「略奪による母からの分離」や、「穀物神の死と再生」と解釈できます。
また、「デルメルの嘆き」は「隠れる女性豊穰神」として、「デモポンの不老不死獲得失敗」は死すべきものと不死なるものを区別できないことによる「人間の死すべき運命の起源」として解釈できます。


ペルセポネーは冥界王ハデスの妻としては冥界母神でもありますが、まずは「コレー(娘)」と呼ばれる少女神です。
ペルセポネー/デルメル神話の基本は農耕文化の穀物神の死と再生の神話であって、コレー=ペルセポネーは「麦の娘神(種)」、デルメルは「大地(地表)の豊饒母神」、あるいは「麦の母神」です。
より具体的には、ペルセポネーが冥界にさらわれるのは種が地の下に播かれることを、デルメルとの再会は発芽(あるいは穂の実り)と対応すると解釈できます。
つまり、秘教的解釈では、死んだ魂であるペルセポネーは、大地の母神、あるいは麦の母神であるデルメルの再生させる力、生む力によって、純粋な魂として復活するのです。


1/3という数字は、天上・地上(海)・冥界の3界のうちの1つを反映していると解釈できます。
麦の死(種として地下に蓄えられる)の期間が1年の1/3であることを反映しているという解釈も可能です。
また、より秘教的に、死に似た人間の睡眠時間が一日の1/3であること、あるいは、輪廻の循環の中で霊魂が地上に留まるのが1/3と考えられていたことが反映していると解釈することもできるかもしれません。

posted by morfo at 23:25| Comment(0) | 秘儀神話と秘儀宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。