2011年04月09日

大ディオニュソス神話

ディオニュソスの秘儀は、キュベレ秘儀を受け継ぐ熱狂的な秘儀で、女性信者を中心にしていました。
この秘儀はバルカン半島のトラキアやトルコからギリシャ、ローマに入ってきました。
最初はその非ギリシャ的な性質のため迫害を受けたようですが、最終的にはゼウスの主権を引き継ぐべき存在という重要な神として受け入れられました。


ギリシャ神話の中では、ディオニュソスは最後に現れた神で、彼がブドウ酒を創造することで神々による世界創造が完成しました。
また、ディオニュソスにはたくさんの異名があって、その代表的なものは「バッコス(=若芽)」や「ザクレウス(=大猟師)」です。
この秘儀についてもほとんど知られていません。


デイオニュソスの神話はアッティス=キュベレの神話と比べるとはるかに複雑です。
ディオニュソスには2つの系列の神話があります。
オルペウス教徒の秘伝による「神々の子、大ディオニュソス(ザクレウス)」の神話と、一般に知られている「神から生まれた人の子、小ディオニュソス」の神話です。
2つの神話を総合した人達は、「大ディオニュソスの神話」が「小ディオニュソス」の神話へと続くと考えました。


最初に「大ディオニュソス」の神話から紹介しましょう。
「大女神デルメルが娘のペルセポネーを洞窟に隠していましたが、ペルセポネーが両親のためにマントを織っている時に、ゼウスがヘビの姿で近づいてペルセポネーと交わったため、ペルセポネーはディオニュソスを生みました。
ディオニュソスは玩具(サイコロ、ボール、コマ、黄金のリンゴ、うなり板、羊毛)で遊んで育ちました。


これに嫉妬したゼウスの妻ヘラが、ティタン神族にディオニュソスを襲わせました。
ティタン達は顔を白く塗って近寄り、ディオニュソスを八つ裂き(七つ裂き)にして、これを大鍋で煮て食べました。
(一説ではこの時、ディオニュソスは角を持つ牡牛の姿だったといわれています。)


これにゼウスは怒って、ティタン神族を電光で撃ち殺しました。
人間はその灰から作られました。
デルメルがディオニュソスの四肢の灰を集めると、その灰からブドウ樹が生えました。
ですが、ディオニュソスの心臓だけは助かったので、ゼウスがこれを地母神ヒプタ(あるいはアテナ)に頭上の篭の中に隠して運ばせて引き取りました」

dionusos.jpg

*ディオニュソスとその児童神としての分身のイアッコス

posted by morfo at 23:24| Comment(0) | 秘儀神話と秘儀宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。