2013年02月18日

秘儀宗教とは

秘儀宗教はそのイニシエーションを受けた人間に、神的な生と、死後の祝福を保証するものでした。
つまり、人間が不死性の獲得を目的としていたのです。
ですが、秘儀は非公開のものなので、その実体は知られていません。

この節では、その知られざる秘儀宗教の本質を推理しましょう。


秘儀宗教(密儀宗教、ギリシャ語で「ミステリオン」、英語で「ミステリーズ」)は、主に神の「死と再生」というテーマの神話を演劇的・儀式的に再現し、それを信者に体験させる宗教です。
それを特別なイニシエーションとして行い、死後に神のもとや天国に行くことを予習的に体験したり、復活する神と一体化することで、神的な生と、死後の祝福を保証しました。

これらは、オリエントとヨーロッパ世界でおおむね紀元前後の1000年間に盛んだった宗教のスタイルです。

アレキサンダー大王の征服遠征によって、オリエント各地の神殿国家が崩壊し、その司祭達は各地に移動し、国と王のためではなく、一般人を対象にした活動を行うことになったのです。
アレキサンダー後のヘレニズム、ローマ時代は、東西の文化の交流が盛んになり、宗教的にはオリエント起源の様々な秘儀的宗教が互いに影響を受け合いながら各地に広がりました。

中でも代表的な秘儀は、エジプト起源のイシス=オシリス秘儀やセラピス秘儀、ギリシャのエレウシス秘儀やオルペウス秘儀、クレタ島起源のバッコス(ディオニュソス)秘儀、サモス島のカビリ秘儀、トルコ起源のアッティス=キュベレ秘儀、ペルシャ起源のミトラス秘儀などです。

秘儀宗教は、オリエントとヨーロッパ世界でおおむね紀元前後の1000年間に盛んだった宗教のスタイルです。
秘儀宗教は、歴史的に2〜3段階を考えることができます。
地域共同体、あるいは神殿国家に根ざしていた段階と、ヘレニズム時代以降に、地域を越えて広がり、さらには普遍宗教化していく段階です。
地域共同体に根ざした段階では、秘儀宗教は、季節循環を反映した神の死と復活の神話を持ち、国家や共同体の「豊穰」を祈る宗教でした。
ですが、秘儀宗教は、徐々にその神話を、神的な魂の死と復活と再解釈して、個人の霊魂の「救済」を目的とすることに変化させました。
秘儀への参入者が象徴的で神秘的な儀礼によって、神的なものとの直接的な交流をして、個人の霊魂に眠る神性を覚醒させて、死後の不死性を目指したのです。

秘儀宗教の祭儀には、一般の信者が参加して公に行われるいくつかの祭儀(これには地域共同体としての性質もありました)と、選ばれた者だけが参加できる個人的なイニシエーションである「秘儀」の2種類がありました。

秘儀は「小秘儀」、「大秘儀」、「奥義秘儀」というように、2〜3段階で構成されていました。

公の祭儀は、集団で神話を再現するような行為を行なったりするもので、その実体が知られています。
ですが、秘儀の教義や体験については、部外者には絶対的な秘密厳守が原則になっていましたので、その実体は不明です。
秘儀の内実は、秘儀体験者によって書かれた文学や哲学などの中に部分的に表現されていますので、これをもとに推測するしかありません。

「秘儀」では、個人が順を追って様々な象徴的な行為を行ったり、象徴的な事物を見せられたりすることを通して、直接的な霊的体験をしました。
秘儀の最も基本的な象徴はもちろん「死と再生」ですが、秘儀によっては複雑に体系化されていました。
「聖餐」も重要な意味を持ちました。飲食されるものは死する神そのもの、つまり神的なものの象徴でした。
聖餐に供されたものは古くは牛や羊の肉や血でしたが、肉はパンに、血はブドウ酒などに置き換えられていきました。幻覚性の飲料水が使われることもありました。

「秘儀」、特に「大秘儀」や「奥義秘儀」には単なる演劇的象徴以上の部分もあったと思います。
つまり、長期的な観想の訓練をもとにした、脱魂的トリップや実際的な霊的な力の操作が行われていたと推測できます。
ですが、確かなことは分かりません。



posted by morfo at 13:11| Comment(0) | 秘儀神話と秘儀宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。