2011年04月04日

豊穰神と不毛神の永遠の戦い

まずは、農耕・牧畜文化の男性豊穰神が焦点となる神話です。
男性豊穰神と不毛神は毎年、順に勝ち負けを繰り返して永遠に戦います。男性豊穰神は主神でもありますので、男性豊穰神の死と復活の儀礼は、国家の王が主神の代理として、創造神話を再現する毎年の新年祭となります。また、これは成人儀礼とも類似しています。

地母神はたいていは、死んだ男性豊穰神の死体を広い集めて再生させるなどして男性豊穰神を助ける存在です。
ですが、男性豊穰神を裏切って不毛神に味方することもあります。
自然の豊穰力が弱まることが、地母神と不毛神との結託として表現されるのです。


エジプト神話では、主神で豊穰を表わす鷹神のホルスが、不毛を現わすジャッカルとワニを合わせたような神のセトと争います。
ホルスの母でセトの義兄弟である地母神のイシスは、セトに引き裂かれたホルスの右目を直しますがを、ホルスが縛り上げたセトに情けをかけて逃がしてしまいます。

パレスチナ神話では、主神で嵐神のバアルが冥界神モートと戦います。
バアルの妻で地母神のアナトが、モートに屈したバアルの死体を埋葬するとバアルは復活しました。
また、アナトはバアルが龍神ヤムを退治するのを助けます。
ところが、その祝勝会で突然狂気に落ちてバアルを殺してしまうのです。

バビロニア神話では、主神で嵐神のマルドゥクが塩水の女神で龍神のティアマトと戦います。
神話では一度だけの戦いでマルドゥクが勝ちましたが、新年祭の儀礼では、マルドゥクは毎年山中に囚われた後、ティアマトを倒し、マルドゥクとなった王が女性神官と聖婚します。

これらの男性豊穰神の死と再生の物語は、心理的には意識が一時的に無意識的な状態に回帰して、そこから力を得て元に戻ることを表わしています。
この循環は社会的にも心理的にも、また宇宙論的にも、新たなものを生み出すというよりも、秩序を再認識して維持するようなシステムとして働いています。
 

posted by morfo at 23:31| Comment(0) | 豊穣と循環の神話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。