2013年02月18日

豊穣の神話

この章では、自然の豊穰と循環をテーマにした歴史時代以前の神話を紹介します。
次の章で紹介する秘儀神話は、この豊穰の神話を変形したり再解釈することで生まれました。
この章では、豊穰神話を産業の様式に結びつけた形で解釈します。
また、心理的、構造的な解釈も行います。
秘儀宗教が行ったような神秘主義的な解釈は次の節で紹介しましょう。


神話の中でも自然の豊穰力と関係したテーマの物語はとりわけ重要です。それは、食料の確保という生死に関わる問題と直結しているからです。ですが、神話的な思考は様々な現象の背後に共通して存在する原理を象徴的に捉えますから、自然の豊穰力を扱った神話は、同時に社会や人間の精神的な創造力や霊的な創造力のテーマにもつながっています。

自然の豊穰力をテーマにした神話には、豊穰神、地母神、穀物神などの死と復活、あるいは不毛神との戦いといった物語が多くあります。
これらはたいてい自然の年周期の循環と関係しています。
また、こういった神々の物語以外にも、様々な形で男性原理と女性原理の関係を扱っています。ですが、神話によってその関係は様々です。

自然の豊穰をテーマにした神話は、その社会の産業の様式と密接に関係しています。
狩猟・採集、農耕・栽培、牧畜と、それぞれの産業の様式を反映した固有の神話を考えることができます。
中でも、年周期の自然の循環(死と再生)をテーマにした神話を重視したのは、新石器時代以降の農耕・牧畜文化です。
ですが、その神話に狩猟・採集文化の影響も残っていることがあります。

ですが、こういった歴史時代以前の本来の神話はほとんど忘れ去られていて、神話の中に断片的に変形された形で残っているものと、壁画やレリーフ、神像などとして残されている考古学的な資料から推測するしかありません。
また、特定の産業に由来する神話が、違った産業を持つ民族によって再解釈されたり、異なった産業を持つ部族を統合した国家がそれぞれの神話を組み合わせたりもしているので、単純に解釈することはできません。
ただ、産業の種類とその地方の気候によって、祭儀が行われる時期は異なるので、ある程度、どの産業に結びついた儀礼かは、推測できます。

posted by morfo at 13:12| Comment(0) | 豊穣と循環の神話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。