2011年03月21日

ギルガメッシュ神話:物語編


古代メソポタミアのシュメール人からアッカド人、バビロニア人などに伝えられたギルガメッシュ神話は、不死の探究をテーマにした世界最古の叙事詩で、古代文学最高の傑出した作品です。
紀元前2000年頃にはその基本的な物語が出来上がっていました。
彼は不死の獲得に失敗しますが、興味深いテーマを示しています。
この神話は大変長くて複雑な物語ですが、おそらく多くの神話を再解釈しながら1つにまとめたものです。まず、その前半の英雄篇を紹介しましょう。

「女神ニンスンと人間の間にウルクの王子ギルガメッシュが誕生した時、神々は祝福して彼を2/3を神、1/3を人間にしました。
城主となったギルガメッシュは乱暴を働くようになったので、天神アヌは女神アルルに好敵手で獣のように毛むくじゃらのエンキドゥを作らせました。
エンキドゥは野原で動物と暮らしていましたが、狩人のワナを引きちぎって獣を逃がしたりするので、ギルガメッシュは宮女で誘惑してエンキドゥを捕まえようとしました。
エンキドゥが宮女の誘いを受けると、獣達は驚いて逃げ、エンキドゥは人間らしくなりました。
宮女の説得でエンキドゥは仲間がほしくなって、ウルクに行くことにしました。
ギルガメッシュはエンキドゥと闘いましたが、互いの力を知って、親友となりました。
ギルガメッシュはこの後、乱暴をやめて、人々から愛されるようになりました。


北の杉の森にいる怪物フンババがきこりに害を与えていたため、ギルガメッシュはエンキドゥとともに、斧と剣を作らせて、フンババ征伐に出かけました。
エンキドゥはフンババの恐ろしさを訴えて、やめることを勧めましたが、ギルガメッシュは人間はどうせ死ぬべき運命だから、名声を得ようと主張して、共に出発しました。
ギルガメッシュは山が崩れ冷雨が降り火が燃える不吉な夢を見ましたが、エンキドウがこれを良い夢と解釈して、杉の樹を切り倒して道を進みました。
フンババとの闘いが始まりました。フンババは家来になると命乞いをしましたが、エンキドゥがこれにまどわされないように助言しました。
ギルガメッシュは太陽神シュマシュの8つの風の助けを借りてフンババの首を斧で斬り殺しました。

gilgamesh.jpg


ウルクに戻ったギルガメッシュに、女神イシュタルが求愛しました。
イシュタルの恋人タンムズが冥界に落ちたことを知っていたギルガメッシュは、これを断わりました。女神は怒って天の牛に襲わせたましたが、エンキドゥが剣で倒して、太陽神シュマシュに捧げました。
女神は呪いを投げつけましたが、ギルガメッシュは天の牛の腿を女神の顔に投げ返しました。
そして角の中の油を守護神ルガンバンダ神に捧げ、角を寝室の天井から吊しました。
皆はギルガメッシュを第1の英雄と誉め、ギルガメッシュは祝典をあげました」


次に後半の不死探究篇です。


「エンキドゥは、天の牛とフンババを殺した罪で死ななければならないことを夢で知ります。
エンキドゥは病気で弱っていき、ウルクに来たこと、フンババを殺したことを後悔しながら亡くなりました。
ギルガメッシュは友の死に対面して悲しみ、地の彼方にいる不死を得たウトナピシュテムを目指して、不死を求める旅に出ます。


ギルガメッシュは山麓でライオン達を見て震えあがりましたが、月神シンの助けを借りて斧でライオンを倒します。
そして、太陽神シュマシュが夜に通る地下道への入口のある山に到着します。
門番のサソリ人間がギルガメッシュに帰るように言いますが、彼を説得して地下の道に入れてもらいます。
ギルガメッシュは眠りもろくにとらず、服も破れて獣衣をまとって、まる1日も暗黒の道を進みました。
すると、太陽神シュマシュがいるところに到達しました。
そこは海の近くで、宝石の園がありました。海辺にはブドウ酒の女神シドゥリがいて、ギルガメッシュに帰るよう言いますが、彼女を説得して、死の水のある海の彼方のウトナピシュティムの住む場所を教えてもらいます。
シドゥリは渡し船の船頭ウルシャナビの導きで海を渡るように助言しますが、ウトナピシュテゥムはウルシュナビを縛って自分だけで海に出ます。
すると、方位磁石が壊れて、戻って来てしまいます。
今度はウルシャナビに案内を頼み、自分の服を帆にして、ウトナピシュティムのところに到着します。


ウトナピシュティムは彼が不死を得た話をしました。
彼は昔、エンリル神が6日7夜に渡る嵐によって大洪水を起こした時に、エア神の指示で船を作ってあらゆる動物を生き延びさせました。
洪水の後、彼が神々に供犠を捧げると、神々はハエのように集まりました。
エンリル神は洪水を起こしたことを反省して、彼に不死を与えました。
ウトナピシュテイムはギルガメッシュに不死獲得のために6日7夜の間、眠らないようにと課題を出しました。
ですが、ギルガメッシュは6日7夜の間、寝てしまいます。
彼はウトナピシュティムの妻が毎日作ったパンがそれぞれ腐ったり乾いたりしていることで、自分が7日間寝ていたことを知ります。


ウトナピシュティムはギルガメッシュを水場に案内して、体を洗って、新しい服を着させて、ウルクに戻る準備をさせました。
そして、原初の海にトゲのある若返りの草が生えていることを教えました。ギルガメッシュは石を足にくくりつけて海に潜って草を取り、石を離して海上に戻りました。
ですが、彼は帰途の途中で、ウトナピシュティムにもらったパンを食べた後、冷たい水の涌き出る泉で水浴した時に、蛇(「大地のライオン」とも表現されます)に草を盗まれてしまいます。
蛇は草を食べて脱皮します。ギルガメッシュは失望してウルクに戻りますが、彼を送ってきたウルシャナビにウルクの町の素晴しさを語ります」

 
posted by morfo at 09:34| Comment(0) | 不死探求の神話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。