2011年03月21日

ヘラクレス神話

英雄の冒険は、成人と成熟を果たした後、物質世界と結びついた感覚を滅ぼして最終的には不死性を獲得する場合があります。
不死性の獲得は、「冥界下り」を経験したり、「生命の樹の実」を手に入れたり、神的な「火による浄化」というテーマとして現れます。


ギリシャ神話最高の英雄ヘラクレスは不死の獲得にまで進みました。
彼はギリシャで唯一「光輝く勝利者」と呼ばれましたが、これは仏教の如来が「勝利者」という意味であることと似ています。
ヘラクレスの不死性の獲得は、最後の2つの難行と、死に方に関係しています。


まず、彼は冥界の門番の犬、ケルベロスを捕まえることで、自由に冥界に出入りできるようになります。
つまり、生きているうちに冥界を克服するのです。そのために、まず、彼は様々な人などを殺した汚れをエレウシスの秘儀によって浄化してもらいます。
この秘儀については後日アップします。
そして、冥界の死の河の渡し守カロンと格闘の結果、その河を渡って、冥界王ハデスのもとに行きます。
そして、ライオンの皮の衣と胸あてだけをつけて、素手でケルベロスを捕まえます。


次に、彼は「黄金のリンゴ」を奪って不死性を得ます。黄金のリンゴは、太陽神ヘリオスが復活する場所である世界の西端にある「ヘスペリス(運命を司る女の精霊ニンフ)たちの園」にあります。
ここにはゼウスが宮殿を持っていて、ゼウスの妻ヘラは不滅の泉のそばに新婚のベッドを持っています。
黄金のリンゴは決して目を閉じない龍ラドンとニンフが守っています。ヘラクレスがいかにして黄金のリンゴを手に入れたかにはいくつかの物語があります。
彼はプロメテウスを救ったお礼に、プロメテウスと同じティタン神族で天を支えている怪力の持ち主アトラスに、黄金のリンゴを取ってこさせるようアドバイスを受けました。
あるいは、ヘラクレス自身がラドンを倒すか眠らせて、リンゴを取ったとも伝えられています。
ただ、彼がこれを食べたかどうかも不明です。
彼はリンゴをゼウスに返したとも伝えられています。


ですが、ヘラクレスにも肉体の死が訪れます。彼は妻デイアネイラを襲ったケンタウロスを殺しますが、ケンタウロスが死に際に妻を騙して、ケンタウロスの血である毒を塗った服をヘラクレスに着させます。
ヘラクレスはもがき苦しんだ末に、自らを生きながら火葬にさせます。
そして、彼は骨を残すことなく、オリンポスに昇って不死性を与えられます。


ケンタウロスの毒による苦しみは、物質的なものを否定する苦行を象徴しています。
また、生きながらの火葬による死は、苦行の後に可死なる物質性を浄化・分離して、不死なる神性のみを獲得することを象徴しています。

posted by morfo at 09:27| Comment(0) | 不死探求の神話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。