2013年02月18日

成人のイニシエーション

神話や童話には、人間の成長を扱った物語がたくさんあります。
その多くはイニシエーションと何らかの関係を持っていました。
この章では、人間の成長を思い切って3段階に分けて考えてみます。

まず、社会的な人格や自我を獲得する「成人」のプロセス。
そして、社会的価値観や利己的な自我に捕らわれずに無意識のさらに高い統合を目指す「成熟」のプロセス。
そして最後が、「不死の探究」です。

まず、部族的文化のイニシエーション儀礼から見てみましょう。



成人式のイニシエーションは部族によって異なりますが、その基本的な構造や象徴には世界的な共通性があります。
イニシエーションの基本は、子供の人格として死に、大人の人格を持って再生することです。
また、少年と少女は別々に行われます。
少年のイニシエーションは男性の成人が司り、少女のイニシエーションは女の成人性が司ります。
彼らは魔物や祖霊に扮することもあります。

子供が特定の年齢を迎えたり少女の場合は初潮を迎えると、通常は何人が共同で、両親から隔離されて小屋などのある森の中に連れて行かれます。
この森や小屋は死の領域で、子供は一旦死んだと見なされます。
そのため、森の小屋で生活する間はほとんど裸体で暮らし、体に白い粉を塗って死者であることを示します。
この隔離には家族、特に母親と結びついた子供の心理的構造を否定する意味があります。
子供時代を終えたことの象徴として割礼や抜歯、入れ墨なども行われます。

イニシエーションは長期に渡るものから短いものまで、部族によって様々ですが、その核となる部分をは怪物に飲み込まれて吐き出されることです。
森の中の小屋は怪物(クジラや大蛇の場合もあります)や地母神の子宮を象徴します。
これは神話的には原初の混沌であり、心理的には創造的であると同時に破壊的な無意識です。

この小屋の中で、土の中に埋められたり火にあぶられたりと、苦痛を与えられます。
その後、小屋から出て、新しい成人の服を着て村に戻ります。
小屋から出る時、トンネルや司祭の股下をくぐって出ることもあります。これは出産の象徴です。

つまり、子供は、怪物に呑込まれ解体されてから吐き出されたり、子宮の中に戻って変容して再度生み出されたりして、象徴的に死と再生を体験するのです。
怪物や子宮の中で、天地創造以前の原初のカオスや様々な霊的領域を旅し、部族の宇宙観や創造神話を教えられて、部族の価値観を体現する大人として生まれ変わります。
つまり、神話の宇宙創造や英雄による文化創造を追体験することによって、社会的な人格を確立するのです。
神話の追体験には殺人が含まれることもあります。

少年の場合、ブーメラン、小刀、火打ち石といった道具を与えられて、その意味を教えられます。
これは男性の仕事である狩猟の道具であって、火は文化そのものの象徴です。

少女の場合は、イニシエーションは川辺の小屋で行われることも多いのです。
少女は水の中につけられて象徴的に死に、女性の股をくぐって再生します。
そして、女性としての聖性や創造性に関わる知識、つまり、セックスや出産の秘密、そして機織などの仕事を教えられます。
セクシュアルなダンスも行われます。
アフリカのガボンのある部族には「豹の踊り」と呼ばれるダンスがあって、「女の子が豹に食べられるが母親が豹を殺して腹から女の子を救い出す」という我々がよく知っている童話に似たストーリーを演じます。

少年の場合、成人のイニシエーションは「怪物に呑込まれて、吐き出される」がメイン・テーマです。
怪物は、少年を生まれ変わらせるために自然に吐き出します。
少女の場合、メイン・テーマは「怪物に呑込まれて、救出される」に変化します。
その理由は、女性自身が出産を担ったり、助産の仕事で積極的に子を腹から出さなければならない、つまり、再生させる側だからでしょう。

イニシエーションは、霊的領域、無意識的領域とある種の関係を築くことなので、守護霊を獲得することが必要とされることもあります。
インディアンは共同の儀礼ではなくて、個人的に断食などによるトランス状態の中で守護霊を獲得します。

posted by morfo at 13:18| Comment(0) | 成人と成熟の神話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。